桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太がYouTubeで対談|競技ややりたいことなどについて語る

リオデジャネイロ五輪4×100mリレーで銀メダルを獲得した山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(左から)
リオデジャネイロ五輪4×100mリレーで銀メダルを獲得した山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(左から)リオデジャネイロ五輪4×100mリレーで銀メダルを獲得した山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(左から)

リオデジャネイロ五輪、陸上・男子4×100mリレーで銀メダルを獲得したメンバーの桐生祥秀、山縣亮太、飯塚翔太による対談動画が7月29日、桐生のYouTubeチャンネルで公開された。対談では、走り方やアップの方法、ファンやセカンドキャリアなど、さまざまなテーマについて語られた。

29日に桐生のYouTubeチャンネルで配信された動画内では、3選手が約18分間トーク。まずは桐生と山縣のファン層、走法について語り、自身の考え方などについて明かした。"やりたいこと"というテーマで桐生は、「陸上選手やスポーツ好きが集まる場所、つながりを作りたい」と話した。飯塚は「市民スプリンターを増やす」、山縣は「自分の経験や理論をまとめたい」とし、それぞれの思いを語った。

動画の再生回数は30日15時時点で22000回を超え、「まさに神回」、「憧れの3人の対談は嬉しいです」など視聴者から多くのコメントが寄せられている。

8月23日には、新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期されていた、「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京」が国立競技場で開催される。出場選手は現時点で発表されていないが、国内トップ選手が参戦を予定しており、3選手の出場も予想される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!