水谷・丹羽・平野・石川が出場も日本勢全滅… 卓球T2ダイヤモンドリーグ

日本勢は7名中6名が初戦敗退する結果に
日本勢は7名中6名が初戦敗退する結果に日本勢は7名中6名が初戦敗退する結果に

7月19日(土)、マレーシアで行われている卓球のT2ダイヤモンドリーグは大会第2日目を迎え、日本勢は水谷隼・丹羽孝希・平野美宇・石川佳純が出場したが、いずれも敗退する結果となった。

水谷隼(世界ランク13位)は台湾のリン・ユンジュ(同・16位)と対戦。水谷は試合の主導権をリンに握られ、0-4のストレート負けに倒れた。

丹羽孝希(同・12位)の対戦相手はスウェーデンのマティアス・ファルク(同・9位)。丹羽は要所でのミスが響き2-4で敗戦した。

平野美宇(世界ランキング・9位)はシンガポールのフォン・ティエンウェイ(同13位)と対戦。平野は第2ゲームまでを連取するも、第3ゲームから崩れてしまいそのまま2-4の敗戦を喫した。

石川佳(同・6位)は中国のジュ・ユリン(4位)と対戦。「試合開始から24分経過後はデュースなしの5ポイント制になる」という新ルールに適応できず、1-4で敗れた。

本大会には7名の日本勢が出場したが、加藤美優を除いて6人が初戦敗退する結果となった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!