浦和内定の中大・大久保智明が特別指定選手に Jリーグの試合に出場可能

熱狂的な浦和サポーター
熱狂的な浦和サポーター熱狂的な浦和サポーター

中央大学サッカー部の大久保智明が「2019年JFA・Jリーグ特別指定選手」として公益財団法人日本サッカー協会より承認されたことが、同チームから発表された。

現在21歳の大久保は、東京ヴェルディユースから中央大学に進学。今季は、関東大学サッカーリーグ戦で10試合に出場し、3得点4アシストを記録していた。

JFA・Jリーグ特別指定選手として承認された選手は、Jクラブ以外のチームに属していても、所属チーム登録を移さず、Jリーグ等の試合に出場できる。大久保は2021年の浦和レッズ加入がすでに内定しているが、それを待たずに同クラブの試合に出場できるようになった格好だ。

自身のTwitterを通じて浦和加入内定を報告した際には、ファンから多くの応援コメントを受けた大久保。 五輪世代として東京オリンピック出場を目指す21歳がプロの舞台でどう戦うか注目される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!