渋野日向子が2度目の女子ゴルフ海外メジャー挑戦へ

畑岡奈紗に刺激を受け、海外挑戦再開をほのめかしていた渋野が2度目の米ツアー参戦へ
畑岡奈紗に刺激を受け、海外挑戦再開をほのめかしていた渋野が2度目の米ツアー参戦へ畑岡奈紗に刺激を受け、海外挑戦再開をほのめかしていた渋野が2度目の米ツアー参戦へ

女子ゴルフの渋野日向子が、米LPGAツアーの10月31日開幕の「スウィンギングスカートLPGA台湾選手権」に出場することが明らかになった。渋野の海外ツアー出場はAIG全英女子オープン以来、2回目となる。

渋野の2度目の海外ツアー参戦は、台湾選手権の主催者推薦を受けてのもの。渋野はマネジメント事務所を通じて「2回目のアメリカツアー参戦ですが、試合に出場するからには、良い結果を残せるように精いっぱい頑張ってきます」とコメントした。

全英オープン優勝直後の渋野は、継続的な海外挑戦を否定していたものの、9月中の国内ツアーでは海外を主戦場とする畑岡奈紗と同組でラウンドする機会も多く、海外挑戦について考えを変えたことを公言。それを受けての台湾選手権参戦となった。

2019年の「スウィンギングスカートLPGA台湾選手権」は、“帝王”ジャック・ニクラウスが設計した名門コースとして知られる、台湾・台北市の美麗華ゴルフカントリークラブ(Miramar Golf Country Club)で行われる。賞金総額はアジア地域では最高額の2,200,000ドル(約2億3512万円)。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!