渋野日向子ら出場の米女子ゴルフ「ポートランド・クラシック」が山火事の影響で54ホールに縮小

MLBマリナーズvsジャイアンツは延期し、開催地を変更

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

全米女子プロゴルフ協会(LPGA)は9月15日、アメリカ西部での山火事による大気汚染の影響で、現地時間17日に開幕予定だった「キャンビア・ポートランド・クラシック」を54ホールに縮小すると発表。日本から渋野日向子らが出場予定の同大会は、18日から20日までの3日間開催に変更される。

LPGAツアー「ポートランド・クラシック」は現地時間9月17日から20日に、コロンビア・エッジウォーター・カントリー・クラブ(オレゴン州)で開催予定だった。LPGAツアー責任者のヘザー・デイリー=ドノフリオ氏は「2020年は健康と安全の年であり、この状況に違いはない」としたうえで、「木曜日(17日)の正午前に大気の状態が改善される可能性は低く、選手、スタッフら関係者の健康を危険にさらすことはできない」と、日程変更について説明した。

14日のT-モバイル・パーク

菊池雄星、平野佳寿が所属するアメリカプロ野球、メジャーリーグベースボール(MLB)のシアトル・マリナーズは、山火事による大気汚染の影響で、現地時間15日と16日に予定されていたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦を延期すると発表。代替日は16日、17日で、開催地がマリナーズの本拠地・T-モバイル・パーク(ワシントン州シアトル)から、ジャイアンツのオラクル・パーク(カリフォルニア州サンフランシスコ)に変更される。