渡邊雄太がネッツ戦で5得点 グリズリーズまたも大勝

今季後半戦で立て続けに出場機会を得ている渡邊雄太(写真はサンズ戦)
今季後半戦で立て続けに出場機会を得ている渡邊雄太(写真はサンズ戦)今季後半戦で立て続けに出場機会を得ている渡邊雄太(写真はサンズ戦)

現地3月4日(日本時間5日)、ロード3連戦中のNBAメンフィス・グリズリーズは敵地でブルックリン・ネッツと対戦し、118 – 79で勝利した。ツーウェイ選手の渡邊雄太も5分間出場し、5得点を挙げた。 

試合前半は見事に拮抗。互いに譲らない展開が続いたが、第2Q後半から徐々にグリズリーズ優勢に。53 – 45と8点リードで開始した後半はみるみる点差を広げ、最終的に39点差で大勝した。

渡邊は第4Q残り5分43秒、101 – 70の場面からラストまでコートイン。3Pシュート1本を含む5得点と、2リバウンド1スティールをマークした。フィールドゴールは4本中2本成功、うち3本の試投は3Pシュートだった。

グリズリーズはこの日、ベンチメンバーのジョシュ・ジャクソンが両チーム最多得点の19得点をマーク。先発したルーキーのジャ・モラントも15得点7リバウンド5アシスト1スティールの活躍だった。 

なお、グリズリーズは2日前のホークス戦にも39点差で勝利しているが、ロードゲームを39点以上の差をつけて2連勝したのは、NBA史上、2チーム目となる。

 この試合でグリズリーズは戦績を31勝31敗とし、順位はウェスタン・カンファレンスの8位をキープ中。次戦は6日(日本時間7日)、ダラス・マーベリックスと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!