申込受付は8月22日から:東京2020大会パラリンピック観戦チケット第1次抽選申し込み概要発表

パラリンピックの第1次抽選販売は、8月22日(木)から開始
パラリンピックの第1次抽選販売は、8月22日(木)から開始パラリンピックの第1次抽選販売は、8月22日(木)から開始

東京2020組織委員会は13日、パラリンピック観戦チケット第1次抽選販売の概要を発表した。

今回受け付ける第時1次抽選販売は、3回を予定している販売フェーズの最初のフェーズとなり、今後は2020年初頭に第2次抽選販売、2020年春に春季販売が予定されている。第1次抽選販売は、国内在住者が対象となり、海外在住者は各国・地域のオリンピック委員会や公式チケット販売事業者を通じた購入が必要となる。

申し込みは8月22日(木)未明に受付を開始し、申込受付期間は9月9日(月)11:59(午前)までとなる。結果の発表は10月2日(水)に行われ、購入手続き期間は10月2日から10月15日(火)23:59(午後)を予定している。

申し込みにはTOKYO 2020 IDへの登録が必要で、オリンピックチケット申し込みの際に登録したユーザーには新たな登録は不要となっている。

第1時抽選販売で受け付けるチケットの種類は、一般チケット、車いすユーザーチケット/同伴者チケット、東京2020みんなで応援チケットの3種類となる。

上限枚数は開閉会式が2枚、メダルセッションが4枚、予選などのセッションが6枚(東京2020みんなで応援チケットは閉会式が4枚、メダルセッションが6枚、予選などのセッションが8枚)となり、1回の申し込みにおける最大当選枚数は30枚。

一般チケットはA席~E席の最大5種類となり、価格は開閉会式が8,000円~150,000円、競技チケットが900円~7,000円に設定された。

車いすチケット/同伴者チケットは、車いすユーザチケット1枚につき、1枚の同伴者チケット(同価格)の申し込みが可能。車いす席と同伴者席は隣接した座席になり、立見の会場では同伴者が車いす席エリア内での立見観戦となる場合がある。なお、車いすチケット/同伴者チケットは新国立競技場で行われるセッションを除き1席種となる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!