世界男子カーリング選手権6日目、日本代表コンサドーレはスイス、米国に連敗し8勝3敗に

平昌五輪の銅、金メダル獲得国に敗れる
コンサドーレは、平昌五輪銅メダルのスイスに敗れたあと、金メダルのアメリカにも敗れた
コンサドーレは、平昌五輪銅メダルのスイスに敗れたあと、金メダルのアメリカにも敗れたコンサドーレは、平昌五輪銅メダルのスイスに敗れたあと、金メダルのアメリカにも敗れた

世界男子カーリング選手権は、現地時間4月4日、カナダ・アルバータ州レスブリッジで大会6日目が行われた。日本代表の北海道コンサドーレ札幌は、スイス、アメリカに敗れ、1次リーグ8勝3敗となった。

日本代表のコンサドーレは、まずスイスと対戦。延長までもつれると、5-6で逃げ切られた。対アメリカ戦では、第1エンド、第3エンドの失点で流れを失い、第8エンドのダメ押しの3失点で敗れた。

コンサドーレは、5日目の時点でプレーオフ進出を決めたが、7日目の明日の1次リーグ最終戦では、強豪国ロシアとの対戦が残っている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!