男子ゴルフ太平洋マスターズ・第2日目|石川遼は通算12オーバーで予選落ち

石川遼は12オーバーと振るわず予選落ちを喫した
石川遼は12オーバーと振るわず予選落ちを喫した石川遼は12オーバーと振るわず予選落ちを喫した

11月15日、国内男子ゴルフ「三井住友VISA太平洋マスターズ」2日目が静岡県御殿場市の太平洋クラブ御殿場コースで行われた。現在賞金ランク3位の石川遼はこの日、2バーディ5ボギー、1ダブルボギーで5オーバー。通算12オーバー79位でカットラインとなる60位タイに届かず予選落ちとなった。

2日目を終え首位に立ったのはY・E・ヤン(韓国)と正岡竜二で通算6アンダー。2打差の3位タイから時松隆光、ショーン・ノリス(南アフリカ)、朴相賢(韓国)が追う。2017年の賞金王・宮里優作はスコアを2つ落とし首位と3打差の6位タイ。今シーズンツアー2勝の浅地洋佑、嘉数光倫と並んでいる。

通算2アンダー9位タイには池田勇太、片山晋呉ら7人。国内賞金ランクトップの今平周吾は4オーバーで首位と10打差の46位タイで予選を通過した。

【11/14(木)開幕】男子ゴルフ 太平洋マスターズの日程、中継・放送予定|石川遼、今平周吾ら出場予定

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!