男子ゴルフ・カシオワールドOP最終日|石川遼は10位Tで賞金王の可能性が消滅

今シーズンの賞金王の可能性が消滅した石川遼
今シーズンの賞金王の可能性が消滅した石川遼今シーズンの賞金王の可能性が消滅した石川遼

12月1日、男子国内ゴルフ・カシオワールドオープン2019(優勝賞金4000万円)が高知県のKochi黒潮カントリークラブで最終日を迎えた。賞金ランキング5位の石川遼は最終18番ホールでイーグルを奪うなどスコアを3つ伸ばしたが10位タイに終わり、賞金王の可能性が消滅した。

首位と5打差の7位タイからスタートした石川は前半でスコアを2つ伸ばすが、後半は11番でボギーを叩き後退する。優勝争いに絡めなかったが、最終18番でイーグルを奪ってホールアウト。最終日を1イーグル、3バーディ、2ボギーの「69」で回り、トータル13アンダーの10位タイで今大会を終えた。これにより最終戦を残し、今シーズンの賞金王の可能性がなくなった。

賞金ランクトップの今平周吾はこの日9つのバーディを奪うなどスコアを7つ伸ばし、トータル7アンダーの39位タイ。序盤の出遅れが響き上位進出はならなかったが、良い形で最終日を終え、シーズン最終戦の国内メジャー「日本シリーズJTカップ」に向かう。

賞金ランク2位のショーン・ノリス(南アフリカ)は首位と2打差の単独2位となり、賞金2000万円を加算した。今大会の結果を受け、2019年の賞金王は今平とショーン・ノリスの2人に絞られた。

優勝は3打差をひっくり返したキム・キョンテ(韓国)。トータル20アンダーで今シーズン初勝利、通算14勝目を挙げた。

カシオワールドOP上位の成績

  • 優勝/-20:キム・キョンテ
  • 2位/-18:ショーン・ノリス
  • 3位/-17:アントニー・クウェイル
  • 4位/-16:ハン・スンス
  • 5位T/-15:宮本勝昌、キム・チャン
  • 7位T/-14:武藤俊憲、カン・キョンナム、川村昌弘
  • 10位T/-13:額賀辰徳、石川遼、小田孔明、小林伸太郎

男子ゴルフ・カシオワールドOP関連ニュース

初日:今平周吾は84位タイで大きく出遅れる
2日目:石川遼は5打差12位タイ
3日目:石川遼は終盤に4連続バーディを奪い、7位タイ

View this post on Instagram

. . 【🌟最終結果】 . 2010年と2015年の賞金王である金庚泰選手が 20アンダーで優勝🏆✨ . 好スコアが続出した最終日、トップと3打差の 12アンダーからスタートした金庚泰(キムキョンテ) 選手が 8バーディ、ノーボギーの「64」でラウンド🏌🏻‍♂️ 20アンダーまでスコアを伸ばし優勝を果たしました🏆! . 優勝が決まった瞬間、金庚泰(キムキョンテ) 選手の目には 光るものが見えました😢 . 2010年と2015年の賞金王で通算14勝目に 金庚泰(キムキョンテ) 選手にとって今回の優勝は 特別のものになったそうです😌 . 7月の日本プロゴルフ選手権大会から 7試合連続で予選落ち…。 . 「今年、何度もゴルフを止めようかと思った」と 絶不調でした…。そんな状況でも「やり続けるしかない」と 初めてメンタルの先生をつけるなど様々な対策を実施👨🏻‍⚕️! 「スポーツ専門ではない、一般的なメンタルの専門家に したのが良かった」と徐々に良い方向に向かっていったと 話していました🏌🏻‍♂️ . そして本大会で、初日は24位タイ、2日目は8位タイ、 そして3日目を終えて3位タイにつける活躍👏🏻 . 日に日に順位を上げていった金庚泰(キムキョンテ) 選手は 最終日にさらに躍進😳 . 「途中に4連続バーディがあったけど、優勝が狙えると 思ったのは12番ホールです。自分が苦手としている このホールでバーディが取れたのが良かった」と 最終日の好プレーを振り返りました⛳️ . 「本当に優勝ができるなんて思っていなかった」と 終始謙遜していた金庚泰選手(キムキョンテ) ですが 今回の優勝で過去2度の賞金王が完全復活です🏌🏻‍♂️🏆👏🏻 . 🔎大会公式サイトはプロフィールURLからチェック! →@casio_world_open . #カシオワールドオープン#カシオ#プロゴルファー#石川遼#石川遼プロ#石川遼選手#kochi黒潮カントリークラブ#挑め新時代の頂点へ#チケット情報#ゴルフ大好き#ゴルフ好きな人と繋がりたい#スポーツ観戦#ゴルフ観戦#インスタゴルフ部#ゴルフ好き#ゴルフ仲間#ゴルフ観戦行きたい#ゴルフツアー#金庚泰#金庚泰選手#最終日#casioworldopen2019#casioworldopen#challengethenext#casio#jgto#golf#tour#lovegolf#finalround

A post shared by CASIO WORLD OPEN〈カシオワールドオープン〉 (@casio_world_open) on

国内賞金王争い

カシオワールドOPを終え、今シーズンの賞金王は今平周吾とショーン・ノリスの2人に絞られた。ノリスが逆転での賞金王となるためには来週のシーズン最終戦「日本シリーズJTカップ(優勝賞金4000万円)」での優勝が条件となる。「日本シリーズJTカップ」は東京よみうりカントリークラブで12月5日に開幕する。

1位:今平周吾(日本) 1億5804万9312円
2位:ショーン・ノリス(南アフリカ) 1億3997万56円

賞金王条件

  • ノリスが優勝→ノリスが賞金王
  • ノリスが2位以下→今平が賞金王

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!