男子ゴルフ ダンロップフェニックストーナメント 日程&放送予定|松山英樹、石川遼ら出場予定

男子ゴルフ「ダンロップフェニックストーナメント2019」が、宮崎県のフェニックスカントリークラブで11月21日から24日にかけて開催される。世界の強豪たちが日本に集結する今大会で、松山英樹や石川遼は上位進出を目指す。ここでは、ダンロップフェニックストーナメントの日程と放送予定を紹介する。

ZOZOチャンピオンシップで準優勝した松山英樹
ZOZOチャンピオンシップで準優勝した松山英樹ZOZOチャンピオンシップで準優勝した松山英樹

ダンロップフェニックストーナメント:日程

  • 11月20日(水):プロアマチャリティートーナメント
  • 11月21日(木):第1ラウンド(予選)
  • 11月22日(金):第2ラウンド(予選)
  • 11月23日(土):第3ラウンド(決勝)
  • 11月24日(日):第4ラウンド(決勝)

ダンロップフェニックストーナメント:放送予定

11月21日(木):第1ラウンド

<CS放送>

  • GAORA:10:00~15:00(LIVE)

<ネット配信>

11月22日(金):第2ラウンド

<CS放送>

  • GAORA:10:00~15:00(LIVE)

<ネット配信>

11月23日(土):第3ラウンド

<地上波>

<CS放送>

  • GAORA:9:00~13:30(LIVE)

<ネット配信>

11月24日(日):第4ラウンド

<地上波>

<CS放送>

  • GAORA:8:00~10:45(LIVE)

<ネット配信>

View this post on Instagram

ダンロップフェニックストーナメント開催まであと2日 歴代チャンピオンと共に、カウントダウン! 2017年チャンピオン ブルックス・ケプカ選手 優勝スコア-20 全米オープンチャンピオンとなって宮崎に戻ってきたブルックス・ケプカ選手と日本のエース・松山英樹選手との戦いに、開幕前から非常に注目が集まりました。 初日からトップに立ったケプカに対し、松山は2打差の4位タイと好位置につけます。2日目を終えてケプカが単独トップで、松山が1打差の2位タイ。ギャラリーの期待どおりの展開で決勝ラウンドに突入しました。 大ギャラリーが最終組についた3日目、7つ伸ばしたケプカに対し松山はスコアを伸ばせず。そして、最終日も順調にスコアを伸ばしたケプカが2位に9打差をつける圧勝で連覇を果たしました。 #DPT #ダンロップフェニックストーナメント2019 #DunlopPhoenixTournament2019 #ゴルフ #golf #フェニックスカントリークラブ #BrooksKoepka

A post shared by Dunlop Phoenix Tournament (@dunlop_phoenix) on

ダンロップフェニックストーナメントとは?

1972年に「フェニックストーナメント」として開始され、日本に世界基準の大会を作ることを目的として1974年に海外の強豪を多数招待する現在の方式に変更された。今まで、ジョニー・ミラー、トム・ワトソン、タイガー・ウッズら世界のスタープレーヤーが優勝トロフィーに名を刻んでおり、非常にレベルの高い大会と知られている。

今大会には、全米オープン覇者のゲーリー・ウッドランドに加え、キャメロン・チャンプやコリン・モリカワなど米国ツアーで戦っている選手たちが招待された。日本からも松山英樹、石川遼そして今平周吾などそうそうたるメンバーが出場する予定だ。。

会場となるのは宮崎県宮崎市のフェニックスカントリークラブ(7027ヤード、パー71)。今年の賞金総額は2億円で、優勝賞金は4000万円となっている。

注目日本人選手

松山英樹

1992年2月25日生まれ、愛媛県出身。日本ツアーにおいて史上最速で年間獲得賞金2億円を突破した日本のエースである。先月開催されたZOZOチャンピオンシップではタイガー・ウッズに次いで2位になり、改めてその実力を証明してみせた。今大会でも、正確無比なショットで2014年以来の優勝を狙う。

石川遼

1991年9月17日生まれ、埼玉県出身。「HEIWA・PGMチャンピオンシップ」、「三井住友VISA太平洋マスターズ」と2大会続けて予選落ちするなど、このところは調子を落としている。それでも、賞金ランキングでは4位につけており、賞金王は充分に狙える。特徴である強気のゴルフでスコアを伸ばせるか。

チケット情報

今大会のチケットは多種多様な観戦スタイルに合わせたものが販売されている。各チケット販売の詳細はこちら

【前売り券】

  • 予選ラウンド(21日または22日):4,500円
  • 決勝ラウンド(23日または24日):5,500円
  • 各日共通券4枚綴り(期間中各日1枚1名有効):15,000円
  • リゾートパッケージチケット:10,000円
  • グループチケット予選ラウンド(21日または22日):13,500円
  • グループチケット決勝ラウンド(23日または24日):16,500円

【当日券】

  • 予選ラウンド(21日または22日):5,500円
  • 決勝ラウンド(23日または24日):6,500円
  • アフタヌーンチケット(21日または22日):3,000円

アクセス情報

【電車】

  • JR「宮崎駅」東口より無料シャトルバスを運行(運行時間6:30~17:00)

【車】

車で来場の方は指定のギャラリー駐車場である「オーシャンドーム立体駐車場」から無料送迎バスで移動し、会場に向かうことになる。

詳しくはダンロップフェニックストーナメント公式サイトへ。

View this post on Instagram

ダンロップフェニックストーナメント開催まであと5日 歴代チャンピオンと共に、カウントダウン! 2014年チャンピオン 松山 英樹選手 優勝スコア-15 前年に日本ツアーの賞金王を獲得。2014年から米ツアーに参戦した松山英樹は、本大会が4ヶ月ぶりでこの年2度目の日本ツアー参戦でした。同年の6月には米ツアーでの初勝利を果たしており、日本のギャラリーからは日本での優勝に期待が集まりました。2日目、そして3日目と単独トップに立っていた松山選手ですが、最終日にスコアが伸び悩みプレーオフに突入。1ホール目で勝利をものにしました。 優勝会見の第一声が「めっちゃ嬉しい!」。日本のギャラリーの期待にこたえただけでなくホストプロとしての責任も優勝という最高の形で果たし、本当に嬉しそうな表情を見せていました。 #DPT #ダンロップフェニックストーナメント2019 #DunlopPhoenixTournament2019 #ゴルフ #golf #フェニックスカントリークラブ #松山英樹 #HidekiMatsuyama

A post shared by Dunlop Phoenix Tournament (@dunlop_phoenix) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!