ゴルフ

男子ゴルフWGCメキシコ選手権3日目、松山英樹が通算4アンダーの16位に浮上

16位に浮上した松山英樹

男子ゴルフWGCメキシコ選手権は、現地時間23日に3日目が行われ、28位スタートの松山英樹が通算4アンダーまでスコアを伸ばし、16位に浮上した。

28位から出た松山は5バーディー、1ボギーの67で回り、順位を12上げ、首位と12打差の16位とした。

20位で出た今平周吾は2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの73と苦しみ、通算イーブンパーで37位まで後退した。小平智は、通算10オーバーで66位。

タイガー・ウッズ(アメリカ)は通算6アンダーで順位を一つ落とし、9位で3日目を終えた。

大会最終日は24日に行われる。