男子シングルを制したのはネイサン・チェン、羽生結弦は銀メダル...宇野4位で惜しくも表彰台ならず、田中14位

世界フィギュアスケート選手権は23日に男子シングルのフリースケーティングがさいたまスーパーアリーナで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(アメリカ)がフリスケーティングでもトップを守り、2連覇を達成した。復活優勝を目指す羽生結弦は2位で銀メダルだった。

優勝を果たしたネイサン・チェン(中央)、平昌五輪金メダルの羽生結弦(左)は銀メダルだった
優勝を果たしたネイサン・チェン(中央)、平昌五輪金メダルの羽生結弦(左)は銀メダルだった優勝を果たしたネイサン・チェン(中央)、平昌五輪金メダルの羽生結弦(左)は銀メダルだった

男子SPで唯一の100点越えを果たしたチェンは、フリーでも今大会最高点となる216.02点をマーク。合計点を今季最高となる323.42点とし、昨年のミラノ大会に続く世界フィギュアスケート選手権2連覇を達成した。

SP3位からの逆転を狙った羽生結弦は、フリスケーティングで206.10点を記録。合計300.97点と300点越えを果たしたものの、逆転はならず、2位となった。

3位はヴィンセント・ジョウ(アメリカ)。フリスケーティングで186.99点をマークし、SPから順位を一つ落としたものの、3位で表彰台入りを果たした。

平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨は、フリースケーティングで178.92点と追い上げたものの、合計270.32点で3位に終わり、メダル獲得はならなかった。SP19位の田中刑事は、フリースケーティングで順位を5つ上げ、14位でフィニッシュした。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!