男子スキージャンプW杯第14,15戦予選:小林陵侑が首位で予選通過

小林陵侑は予選1位で本戦進出
小林陵侑は予選1位で本戦進出小林陵侑は予選1位で本戦進出

男子スキージャンプのワールドカップ第14~15戦ティティゼーノイシュタット(ドイツ)大会(HS142メートル、K点125メートル)予選が、1月17日に行われた。小林陵侑は 137.5メートルを飛び、144.1点の1位で予選突破。小林潤志郎らも予選を突破し、日本勢は全員が本戦に進出した。

個人総合成績で3位につける小林陵侑は、ドイツで行われる今大会の予選を首位で通過した。陵侑の兄、小林潤志郎は134.0メートルを飛び、133.3点の5位タイに入った。その他の日本勢では、佐藤慧一が14位、伊東大貴が17位タイ、佐藤幸椰が24位、中村直幹が43位で全員が18日と19日に行われる本戦に進んだ。

2位はシュテファン・ライエ(ドイツ)、3位はロベルト・ヨハンソン(ノルウェー)だった。

W杯ティティゼーノイシュタット(ドイツ)大会予選・結果

1位:小林陵侑(土屋ホーム)144.1点
2位:シュテファン・ライエ(ドイツ)139.6点
3位:ロベルト・ヨハンソン(ノルウェー)134.3点
5位T:小林潤志郎(雪印メグミルク)133.3点
14位:佐藤慧一(雪印メグミルク)125.6点
17位T:伊東大貴(雪印メグミルク)123.5点
24位:佐藤幸椰(雪印メグミルク)119.3点
43位:中村直幹(東海大学札幌スキークラブ)103.7点

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!