【男子テニス国別対抗戦】デビスカップ・ファイナル第2戦|日本はジョコビッチ擁するセルビアに完敗。連敗で1次リーグ敗退確定

試合後に健闘を称え合う西岡とジョコビッチ
試合後に健闘を称え合う西岡とジョコビッチ試合後に健闘を称え合う西岡とジョコビッチ

現地時間の11月20日、スペインのマドリードで行われている「男子テニス国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ」で、日本チームは第2戦を戦った。この日の相手は、デビス杯ランク8位のセルビア。世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ擁する強豪に0-2で敗れ、1次リーグ敗退が決まった。

前日のフランス戦から、休む間もなく強豪セルビアとの対戦を迎えた日本チーム。1試合目は、世界ランク104位の杉田祐一が、同ランク40位のフィリプ・クライノビッチの対戦した。第1セットで杉田は、2度のブレークを許すなど、主導権を握られたまま2-6で落とす。第2セットでも、ブレークから連続でポイントを許し、2-0のストレート負けを喫した。

2試合目は、世界ランク73位の西岡良仁が同ランク2位のノバク・ジョコビッチと対戦。前日はフランスの強豪を倒した西岡に期待がかかるが、ジョコビッチの強さが際立った試合となった。第1セットを1-6で落とすと、第2セットも一方的な展開のまま2-6で落とし、2-0で敗れた。ジョコビッチは、試合後の公式会見で「セルビアチームのメンバーと共に笑い、気持ちの良いエネルギーやチームワークの精神を共有できるのは、栄誉なこと。素晴らしいスタートが切れた」と話している。

同大会は3試合中先に2勝したチームが勝利するため、ダブルスのマクラクラン勉と内山のペアは試合することなく、完敗で日本の1次リーグ敗退が確定した。現時点で、2試合を終え、決勝トーナメント進出が確定しているのは、グループF で米国とイタリアに連勝したカナダ。準々決勝は、現地時間11月21日から始まる。

デビス杯・詳細情報はコチラ|【男子テニス国別対抗戦】デビスカップ・ファイナルの日程&放送予定、出場国紹介|錦織圭を欠く日本は上位進出を目指す

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!