男子テニス最新世界ランキング(11/4付):ナダルが1年ぶりに1位復帰、錦織圭は13位に後退へ

2018年10月29日以来の1位に返り咲いたラファエル・ナダル。残るATPファイナルズで1位死守なるか
2018年10月29日以来の1位に返り咲いたラファエル・ナダル。残るATPファイナルズで1位死守なるか2018年10月29日以来の1位に返り咲いたラファエル・ナダル。残るATPファイナルズで1位死守なるか

男子テニスの11月4日付ATP世界ランキングが発表され、ラファエル・ナダル(スペイン)が首位に返り咲いたほか、錦織圭は11位から13位に後退した。

長らく1位だったノバク・ジョコビッチ(セルビア)の2018年ATP1000パリ・マスターズ、同ATPファイナルズのポイントが失効したため、ナダルが約1年ぶりにトップの座を奪ったが、ジョコビッチは前日まで行われていた2019年パリ・マスターズを制しており、今年のATPファイナルズで1位に復帰する可能性が高い。

3位はロジャー・フェデラー(スイス)で変わりがなかった。

11位から13位に後退した錦織は、手術した右肘から11月1日に抜糸をしたことが明らかにしており、リハビリを進めながら12月中の復帰を目指す。

ほかの日本勢は、西岡良仁が2ランク上げて70位、内山靖崇は8ランク上げて78位に入った。

アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!