【男子バレーW杯】龍神NIPPON出場16選手を発表…1日にイタリアと初戦

日本バレーボール協会(JVA)は9月25日、FIVB(国際バレーボール連盟)ワールドカップ男子大会に向け、龍神NIPPON(男子バレーボール日本代表)のメンバー16名を発表した。W杯は10月1日に開幕。日本は同日、福岡でイタリア代表との初戦を迎える。

前回大会で活躍を見せた石川祐希
前回大会で活躍を見せた石川祐希前回大会で活躍を見せた石川祐希

■W杯の臨む龍神NIPPON

1 オポジット 清水邦広(パナソニック・パンサーズ)

3 セッター 藤井直伸(東レ・アローズ)

4 オポジット 大竹壱青(パナソニック・パンサーズ)

5 アウトサイドヒッター 福澤達哉(パナソニック・パンサーズ)

6 ミドルブロッカー 山内晶大(パナソニック・パンサーズ)

8 アウトサイドヒッター 柳田将洋(ユナイテッド・バレーズ/ドイツ)[主将]

10 リベロ 古賀 太一郎(ウルフドッグス名古屋)

11 オポジット 西田有志(ジェイテクトSTINGS)

12 セッター 関田誠大(堺ブレイザーズ)

13 アウトサイドヒッター 髙野直哉(堺ブレイザーズ)

14 アウトサイドヒッター 石川祐希(キオエネ・パドバ/イタリア)

15 ミドルブロッカー 李 博(東レ・アローズ)

16 ミドルブロッカー 髙橋 健太郎(東レ・アローズ)

17 アウトサイドヒッター 久原 翼(パナソニック・パンサーズ)

20 ミドルブロッカー 小野寺 太志(JTサンダーズ)

22 リベロ 山本智大(堺ブレイザーズ)

W杯では登録選手25人から、毎試合24時間前までに最大14人の選手を登録することが可能だが、今回の日本代表は16人で臨むこととなる。

W杯男子大会は1965年に創設された、世界選手権やオリンピックと並ぶ、世界三大大会の1つ。現在は4年に一度、オリンピックの前年に開催される。男女ともに各大陸から12チームの合計24チームが出場し、総当たり1回戦で順位を決定。1977年から開催地は日本で継続している。なお今回のW杯は、Tokyo 2020(東京五輪)の予選を兼ねていない。

龍神NIPPONは9月13日から21日までイラン・テヘランで行われた第20回アジア選手権大会に参加。準決勝でオーストラリア代表に敗れたものの、3位決定戦で韓国代表を破り、銅メダルを獲得している。

■男子W杯日本代表の試合日程

会場:マリンメッセ福岡

10/1(火)19:20~ イタリア代表

10/2(水)19:20~ ポーランド代表

10/4(金)19:20~ チュニジア代表

10/5(土)19:20~ アメリカ合衆国代表

10/6(日)19:20~ アルゼンチン代表

会場:広島グリーンアリーナ・大アリーナ

10/9(水)19:20~ オーストラリア代表

10/10(木)19:2~ ロシア代表

10/11(金)19:20~ エジプト代表

10/13(日)19:20~ イラン代表

10/14(月・祝)19:20~ ブラジル代表

10/15(火)19:20~ カナダ代表

※全試合19時から、フジテレビでTV放送(LIVE)される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!