皇后盃全国女子駅伝:京都が3年ぶりの優勝、東京五輪マラソン代表・前田穂南は9区で出場

優勝し喜ぶ京都のメンバー/時事
優勝し喜ぶ京都のメンバー/時事優勝し喜ぶ京都のメンバー/時事

1月12日、皇后盃 第38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会(たけびしスタジアム京都発着、9区間、42.195km)が行われ、京都が3年ぶり17度目の優勝を果たした。Tokyo2020(東京五輪)マラソン代表の前田穂南は大阪のアンカー(9区)として出場した。大阪は8位だった。

1区で廣中璃梨佳が区間を更新(18分39秒)し、序盤は長崎がレースを引っ張る展開。中盤以降は5区の三原梓、7区の村松結が区間タイ記録をマークするなど、京都が順位を上げていった。京都は8区で首位に立つと最終9区でも逃げ切り、大会最多を更新する17度目の優勝を飾った。

2019年9月の"マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)"で1位となり、東京オリンピックのマラソン日本代表に内定している前田穂南は、大阪のアンカーとして9区に出場。31分57秒で区間4位の走りで、8位でフィニッシュした。

皇后盃 第38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会:結果

  1. 京都:2時間16分15秒
  2. 宮城:2時間16分25秒
  3. 東京:2時間16分36秒
  4. 長野:2時間16分37秒
  5. 鹿児島:2時間17分04秒
  6. 兵庫:2時間17分42秒
  7. 群馬:2時間17分56秒
  8. 大阪:2時間17分56秒
  9. 岡山:2時間18分08秒
  10. 長崎:2時間18分08秒
  11. 千葉:2時間18分18秒
  12. 福岡:2時間18分30秒
  13. 神奈川:2時間19分22秒
  14. 熊本:2時間19分35秒
  15. 埼玉:2時間20分13秒
  16. 静岡:2時間20分37秒
  17. 大分:2時間20分38秒
  18. 広島:2時間21分15秒
  19. 山口:2時間21分23秒
  20. 愛知:2時間21分32秒
  21. 宮崎:2時間21分50秒
  22. 福島:2時間21分52秒
  23. 滋賀:2時間21分54秒
  24. 石川:2時間21分59秒
  25. 愛媛:2時間22分07秒
  26. 岐阜:2時間22分31秒
  27. 徳島:2時間22分56秒
  28. 和歌山:2時間23分02秒
  29. 三重:2時間23分03秒
  30. 秋田:2時間23分10秒
  31. 佐賀:2時間23分32秒
  32. 茨城:2時間23分34秒
  33. 山梨:2時間23分44秒
  34. 北海道:2時間23分53秒
  35. 鳥取:2時間24分17秒
  36. 新潟:2時間24分38秒
  37. 栃木:2時間25分30秒
  38. 富山:2時間25分35秒
  39. 奈良:2時間25分40秒
  40. 山形:2時間26分41秒
  41. 高知:2時間26分44秒
  42. 岩手:2時間26分56秒
  43. 福井:2時間27分11秒
  44. 香川:2時間28分30秒
  45. 島根:2時間28分48秒
  46. 青森:2時間29分38秒
  47. 沖縄:2時間32分44秒

皇后盃 第38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会公式サイト

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!