【空手組手】植草歩がホリプロに挨拶:空手1プレミアリーグ女子68キロ超級で金

女子61キロ超級での五輪出場を目指す植草歩
女子61キロ超級での五輪出場を目指す植草歩女子61キロ超級での五輪出場を目指す植草歩

9月6日から8日にかけて東京・日本武道館で開催された空手1・プレミアリーグ東京大会。女子組手68キロ超級で金メダルを獲得した植草 歩が株式会社ホリプロへ挨拶に訪れたことを、自身のSNSで明かした。植草はホリプロ社員だが、JALと所属契約を結んでいる。

植草は千葉県八街市出身で、1992年7月25日生まれの27歳。2015年にTV番組「情熱大陸」で「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」と紹介されたことでも知られる。

空手・組手はTokyo 2020(東京五輪)で新たに採用される競技・種目だが、五輪では空手1プレミアリーグなどで行われる世界空手連盟(WFK)の男女5階級制を、それぞれ3階級に統合して実施。植草の所属する68キロ超級は、68キロ級と統合され、61キロ超級となる。

日本は空手全種目で開催国1枠を所持。2020年4月6日時点のオリンピック・スタンディング(五輪選考用ランキング)で日本人最上位の場合、五輪出場が内定する。植草は女子61キロ超級のオリンピック・スタンディング(五輪選考用ランキング)で日本人最上位の3位に位置している。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!