【空手】KARATE1プレミアリーグ2019東京大会が開幕|清水希容、五明宏人ら日本勢が決勝進出!

決勝進出を果たした清水希容は、今年3度目のプレミアリーグ制覇を狙う
決勝進出を果たした清水希容は、今年3度目のプレミアリーグ制覇を狙う決勝進出を果たした清水希容は、今年3度目のプレミアリーグ制覇を狙う

9月6日、国際大会の「KARATE1プレミアリーグ2019東京大会」が東京・日本武道館で開幕した。今大会はTokyo 2020(以下、東京五輪)オリンピック出場権獲得ポイント対象大会であり、テストイベントも兼ねている。そして、国内で行われる東京五輪前の最後の国際大会となる。

初日は、女子個人形、男子団体形、男子組手(60キロ級、67キロ級、75キロ級)、女子組手(50キロ級、55キロ級)の予選、準決勝、そして敗者復活戦が行われた。決勝および3位決定戦は、最終日の9月8日に行われる。

仮の敵に対する技を一連の流れとして組み合わせた演舞となる「形」では、女子個人形ですでに今年2度プレミアリーグを制している清水希容が、決勝へ進んだ。岩本衣美里、大野ひかる、尾野真歩は3位決定戦へと回った。

3名で行われる男子団体形では、劉衛流(喜友名諒、金城新、上村拓也)と浪速高校(笹岡丈流、松元風大、松元栞大)が決勝に進んだ。3位決定戦には、帝京、大阪学芸、山梨学院大学Aが3位決定戦に出場する。

8m四方の競技場で2人の選手が対戦する形式となっている「組み手」では、男子67キロ級の五明宏人、男子75キロの西村拳が決勝進出を決めた。女子50キロの多田野彩香、女子55キロの中村しおり、男子67キロ級の中野壮一朗、小崎友碁の両選手が3位決定戦へと回った。

9月7日スケジュール:

男子個人形

女子団体形

女子組手(-61kg)

男子組手(-84kg)

女子組手(-68kg)

男子組手(+84kg)

女子組手(+68kg)

敗者復活戦

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!