【空手】KARATE1プレミアリーグ2019東京大会2日目|喜友名諒、植草歩ら日本勢が決勝進出!

男子形(かた)で圧倒的な強さを誇る喜友名諒ら、日本勢が各種目で決勝進出を決めた
男子形(かた)で圧倒的な強さを誇る喜友名諒ら、日本勢が各種目で決勝進出を決めた男子形(かた)で圧倒的な強さを誇る喜友名諒ら、日本勢が各種目で決勝進出を決めた

9月7日、東京の日本武道館で行われている国際大会の「KARATE1プレミアリーグ2019東京大会」が2日目を迎えた。今大会はTokyo 2020(以下、東京五輪)オリンピック出場権獲得ポイント対象大会であり、テストイベントも兼ねている。そして、国内で行われる東京五輪前の最後の国際大会であり、世界ランク1位が全員揃う世界トップレベルの大会となった。

2日目は、男子個人形、女子団体形、男子組手(84キロ級、84キロ超級)、女子組手61キロ級、68キロ級、68キロ超級)の7種目で予選・敗者復活戦が行われた。

仮の敵に対する技を一連の流れとして組み合わせた演舞となる「形(かた)」では、世界ランク1位、3連覇中の喜友名諒が決勝進出。世界ランク3位の新馬場一世も決勝に進み、日本人同士の決勝となった。3位決定戦には、金城新がドイツ人選手と対戦。三位決定戦もう一方の山では、林田至史と本一将の日本人対決となった。

View this post on Instagram

プレミアリーグ東京大会🗼9/7、2日目 形種目 🇯🇵日本は喜友名諒選手、新馬場一世選手、研心館チーム、慶應義塾大学チームが決勝へ🏅 本一将、金城新、林田至史の3選手、団体形2チームが🥉3位決定戦へ進出! * * 男子個人形の喜友名選手は、1回戦でオーハン、2回戦はアーナン、準決勝はアーナンダイでいずれもグループ首位通過。演武はもちろん、その点数が発表されるたびに会場のどよめきを呼ぶ風格を見せました。 新馬場選手は1回戦スーパーリンペイ、2回戦パープーレン、準決勝はアーナンダイのラインナップ。準決勝では26.6点を記録し、グループ1位。昨年9月のプレミアドイツ大会以来の決勝進出を果たしました。 女子団体形では、昨年の神戸世界学生を制した研心館チームが力を見せ決勝へ。一方では、慶應義塾大学チームが25.48点と2位以下を大きく引き離す点数を出して決勝進出を果たしました。 * * <メダルマッチ進出者> 男子個人形:喜友名諒 決勝進出 男子個人形:新馬場一世 決勝進出 男子個人形:本一将 3位決定戦へ 男子個人形:金城新 3位決定戦へ 男子個人形:林田至史 3位決定戦へ 女子団体形:研心館(小川彩月・清水那月・梅景唯) 決勝進出 女子団体形:慶應義塾大学(尾野真歩・城谷実怜・川上菜菜) 決勝進出 女子団体形:八雲学園高校(泉優里花・岩田彩菜・花岡瑠菜) 3位決定戦へ 女子団体形:山梨学院大学A(竹原由菜・加藤華香・中尾江梨) 3位決定戦へ * * 【3決・決勝は「Sportie」で無料LIVE放送💻】 https://twitter.com/SportieCom * * #tokyo2020 @Tokyo2020 #がんばれニッポン @team_nippon #karate2020 @worldkaratefederation #jkfnationalteam #日本武道館 #チケットぴあ @ajinomoto.co.jp @japanairlines_jal @kikkoman.jp #乃村工藝社 @lululun_jp @nissay_official

A post shared by 全日本空手道連盟 JKF_japan karatedo (@jkf_official) on

女子団体形でも、研心館チームと慶應義塾大学チームが決勝へ進み、日本勢同士の対戦となった。3位決定戦でも、山梨学院と八雲学園の日本勢同士の対戦となり、日本勢の金、銀、銅メダルの獲得が決まった。

8m四方の競技場で2人の選手が対戦する形式となっている「組手(くみて)」では、男子84キロ級の荒賀龍太郎と女子68キロ超級の植草歩が決勝進出を決めた。

男子84キロ超級の安藤大樹、女子61キロ級の染谷真有美、鈴木 眞弥が3位決定戦に回った。各種目の決勝および3位決定戦は、最終日の9月8日に行われる。

View this post on Instagram

プレミアリーグ東京大会🗼9/7組手種目 🇯🇵日本は荒賀龍太郎選手、植草歩選手が決勝へ🏅 安藤大騎、染谷真有美、鈴木眞弥の3選手が🥉3位決定戦へ進出! * * 男子組手-84kg:荒賀選手は今年4月のラバト大会以来のプレミアリーグ決勝進出。昨年の東京プレミア大会で敗れた相手であるカザフスタンのイゴル選手に3回戦で3ー1と勝利するなど冷静な試合運びが光りました。 女子組手+68kg:植草選手は、3回戦で昨年の東京プレミア大会で敗れた相手であるナンシー選手(フランス)、準決勝では昨年の世界選手権で敗れた相手であるエレニ選手(ギリシャ)と、強豪たちにダブルリベンジ。決勝進出を果たしました。 * * <メダルマッチ進出者> 男子組手-84kg:荒賀龍太郎 決勝進出 男子組手+84kg:安藤大騎 3位決定戦へ 女子組手-61kg:染谷真有美 3位決定戦へ 女子組手-61kg:鈴木眞弥 3位決定戦へ 女子組手+68kg:植草歩 決勝進出 * * 【3決・決勝は「Sportie」で無料LIVE放送💻】 https://twitter.com/SportieCom * * #tokyo2020 @Tokyo2020 #がんばれニッポン @team_nippon #karate2020 @worldkaratefederation #jkfnationalteam #日本武道館 #チケットぴあ @ajinomoto.co.jp @japanairlines_jal @kikkoman.jp #乃村工藝社 @lululun_jp @nissay_official

A post shared by 全日本空手道連盟 JKF_japan karatedo (@jkf_official) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!