競泳

【競泳】日本選手権:萩野公介が全体1位で男子200個メ決勝へ「最後はタイムを気にせず死ぬ気で泳ぎたい」

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

第97回日本選手権水泳競技大会・競泳競技「ジャパンスイム2021」が4月7日に競技5日目を迎え、男子200m個人メドレーの予選と準決勝が行われた。萩野公介(ブリヂストン)が全体1位、瀬戸大也(TEAM DAIYA)は全体2位で決勝に進んだ。

男子200m個人メドレーはすでに瀬戸がTokyo2020(東京五輪)代表に内定。残り一つの内定枠を狙う萩野は、午前中に行われた予選を瀬戸に続く全体2位で通過する。準決勝は予選より1分以上縮めて1分58秒07で入り、全体1位で明日の決勝に駒を進めた。

「背泳ぎが引き続き好調」と今日の泳ぎを振り返った萩野。明日の決勝では1分57秒98の派遣標準記録を上回り、瀬戸を除く最上位に入る必要がある。大一番に向けて「56秒台の真ん中、56秒台前半を目指していきたい」としながらも、「最後はタイムを気にせず死ぬ気で泳ぎたい」と意気込んだ。

萩野公介が全体1位で男子200個メ決勝へ 瀬戸大也は全体2位|ジャパンスイム

第97回日本選手権水泳競技大会・競泳競技「ジャパンスイム2021」が4月7日に競技5日目を迎え、男子200m個人メドレーの予選と準決勝が行われた。萩野...