【競泳】東京都OPEN:瀬戸大也が萩野公介を制し、個人メドレー2種目で優勝

東京都水泳協会が主催・主管する東京都OPEN水泳競技大会が、11月24日まで開催された。3日目に行われた400メートル個人メドレーと、最終目に行われた200m個人メドレーには、Tokyo 2020(東京五輪)内定の瀬戸大也と、リオデジャネイロ五輪メダリストの萩野公介が出場した。

個人メドレー2種目を制した瀬戸大也(写真はFINA世界水泳2019光州)
個人メドレー2種目を制した瀬戸大也(写真はFINA世界水泳2019光州)個人メドレー2種目を制した瀬戸大也(写真はFINA世界水泳2019光州)

リオ五輪の男子400m個人メドレーでは、萩野が金メダルで瀬戸は銅メダル。萩野はリオ五輪の男子200m個人メドレー銀メダルリストで、同種目の日本記録の保持者でもある。両者の直接対決が行われた、400m個人メドレーと200m個人メドレーの17歳以上決勝は、ともに瀬戸が1位、萩野が2位という結果になった。瀬戸が200m個人メドレーで記録した1分55秒98は自己新記録。萩野の持つ日本記録1分55秒07に迫るタイムだった。

東京辰巳国際水泳場(東京都江東区/長水路10レーン)で開催された同大会には、200mバタフライ世界記録保持者のクリストフ・ミラーク(ハンガリー)らが参加。そうした中、最優秀選手には男子200m平泳ぎ優勝の渡辺一平と、女子100mバタフライと個人メドレー2種目で優勝した大橋悠依が選出された。優秀選手(17歳以上)は瀬戸と大本里佳。

3日目と4日目(最終日)に行われた17歳以上決勝の結果(上位3名)は以下の通り。

男子50m自由形17歳以上決勝

  1. 塩浦慎理(イトマン東進)22.03
  2. 中村 克(イトマン東進)22.59
  3. 川本武史(TOYOTA)22.69

男子50mバタフライ17歳以上決勝

  1. 岸田真幸(ツカサドルフィン)24.01
  2. 関 海哉(日本大学)24.12
  3. 小堀勇氣(ミズノ)24.21

男子200mバタフライ17歳以上決勝

  1. クリストフ・ミラーク(ハンガリー)1:53.75
  2. 瀬戸大也(ANA)1:54.36
  3. 本多 灯(日大藤沢高校)1:58.16

男子50m背泳ぎ17歳以上決勝

  1. 細川公平(東洋大学)25.52
  2. 松山 陸(スウィン鷲宮)25.56
  3. 江戸勇馬(八神製作所)25.80

男子50m平泳ぎ17歳以上決勝

  1. 塩入龍斗(日本大学)27.39
  2. 松村優樹(中京清泳会)27.40
  3. 山中祥輝(ティラド)27.54

男子200m個人メドレー17歳以上決勝

  1. 瀬戸大也(ANA)1:55.98
  2. 萩野公介(ブリヂストン)1:59.35
  3. 渡辺一平(TOYOTA)2:00.67

男子400m個人メドレー17歳以上決勝

  1. 瀬戸大也(ANA)4:10.04
  2. 萩野公介(ブリヂストン)4:16.86
  3. 松本周也(中京大学)4:21.37

女子50m自由形17歳以上決勝

  1. 今井 月(東洋大学)25.01
  2. 大本里佳(イトマン)25.03
  3. 五十嵐 千尋(T&G)25.55

女子50mバタフライ17歳以上決勝

  1. 平山 友貴奈(NOK)26.45
  2. 黒木 満佐子(警視庁)26.71
  3. 相馬あい(中京大学)26.72

女子200mバタフライ17歳以上決勝

  1. 長谷川 涼香(東京ドーム)2:08.03
  2. 内田かりん(神奈川大学)2:11.43
  3. 新野杏奈(筑波大学)2:13.70

女子50m背泳ぎ17歳以上決勝

  1. 白井璃緒(東洋大学)28.29
  2. 竹村 幸(ITOMAN)28.40
  3. 高橋美紀(林テレンプ)28.62

女子50m平泳ぎ17歳以上決勝

  1. 青木 玲緒樹(ミズノ)31.04
  2. 磯部沙綾(東洋大学)32.49
  3. 大木茉紘(明治大学)32.81

女子200m個人メドレー17歳以上決勝

  1. 大橋悠依(イトマン東進)2:08.43
  2. 大本里佳(イトマン)2:10.89
  3. 今井 月(東洋大学)2:11.94

女子400m個人メドレー17歳以上決勝

  1. 大橋悠依(イトマン東進)4:34.18
  2. 柏崎清花(法政大学)4:42.34
  3. 横田早桜(筑波大学)4:47.06

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!