第103回日本陸上競技選手権大会・室内競技初日|女子60mHで青木益未が優勝、寺田明日香は2位

100mハードル日本記録保持者の寺田明日香は2位(写真は2009年世界陸上ベルリン)
100mハードル日本記録保持者の寺田明日香は2位(写真は2009年世界陸上ベルリン)100mハードル日本記録保持者の寺田明日香は2位(写真は2009年世界陸上ベルリン)

2月1日(土)、第103回日本陸上競技選手権大会・室内競技(2020日本室内陸上競技大阪大会)初日が大阪城ホール(大阪府)で開催された。女子60メートルハードルでは、青木益未が日本記録となる8秒11で優勝。女子100メートルハードル日本記録保持者・寺田明日香は8秒14で2位だった。

シニアの部で初日に行われた種目は女子60メートルハードルのほか、男子60メートルハードル、女子60メートル、女子棒高跳び、女子三段跳びが実施された。女子60メートルでは、三宅奈緒香が7秒48で優勝した。ロンドンオリンピック4×100mリレー代表の土井杏南は、予選1組を2位で通過したが、決勝は棄権した。

U-20・60メートルハードルでは、優勝した村竹ラシッド(松戸国際高)が日本新記録7秒61を樹立した。

第103回日本陸上競技選手権大会・室内競技、日程&放送予定

第103回日本陸上競技選手権大会・室内競技・初日:結果

男子60mハードル

  1. 石川周平(富士通)7秒69
  2. 石田トーマス東(国際武道大)7秒76
  3. 矢澤航(デサントTC)7秒78    

女子60m

  1. 三宅奈緒香(住友電工)7秒48
  2. 三浦愛華(添上高)7秒49
  3. 湯淺佳那子(日本体育大)7秒50

女子60mハードル

  1. 青木益未(七十七銀行)8秒11
  2. 寺田明日香(パソナグループ)8秒14
  3. 福部真子(日本建設工業)8秒23

女子棒高跳び

  1. 那須眞由(RUN JOURNEY)4m20
  2. 諸田実咲(中央大)4m00
  3. 台信愛(中間高)3m90

女子三段跳び

  1. 剱持早紀(長谷川体育施設)12m88
  2. 河合栞奈(大阪成蹊大)12m80
  3. 森本麻里子(内田建設)12m78

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!