陸上競技

第89回日本学生陸上競技対校選手権大会最終日:福岡大・兒玉芽生が3冠、城西大・水久保漱至が2冠

文: 渡辺文重 ·

天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)は9月13日、最終日を迎えた。男子総合得点は、日本大学が2年ぶりの優勝。女子総合得点では、筑波大学が3連覇を達成している。今年度の日本インカレはデンカビッグスワンスタジアム(新潟県)にて、無観客で開催された。

9月13日結果(天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会)

男子総合得点(天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会)

女子総合得点(天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会)

兒玉芽生(福岡大学)は、12日の女子100メートル決勝、100m×4リレーに続き、13日の200m決勝も制して3冠を達成。水久保漱至(城西大学)は、12日の男子100m決勝に続き、13日の200m決勝も制した。