陸上競技

【陸上】箱根駅伝予選会:順天堂大、中央大などが出場権…本選は2021年1月2日開幕

文: 渡辺文重 ·

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会が10月17日、陸上自衛隊立川駐屯地(東京都立川市)で行われ、2021年1月2日、3日の本選出場10大学が決定。本選はほか、前回シード権を獲得した上位10大学、予選成績で編成される関東学生連合チームの計21チームが参加する。(写真は前回/時事)

前回出場の順天堂大学、中央大学などが出場権を得た一方、前回本選11位の中央学院大学は予選12位で本選出場ならず。10位の専修大学と11位の筑波大学は、18秒差だった。今回の予選会は無観客で行われ、来年の本選についても、主催の関東学生陸上競技連盟(関東学連)は、沿道応援の自粛を要請している。

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会結果(pdf形式)