羽生結弦、スケートカナダを終えて:理想のスケートと高難易度ジャンプがイコールになってきた

先日行われたグランプリシリーズ第2戦「スケートカナダ」で、初優勝を飾った羽生結弦。2位の選手に大差をつけ、歴代最高得点に迫る圧巻の演技を見せた平昌五輪金メダリストがオリンピックチャンネルのインタビューに応じてくれ、高難易度ジャンプや理想とするスケートについて語ってくれた。

オリンピックチャンネルのインタビューに応じてくれた羽生結弦
オリンピックチャンネルのインタビューに応じてくれた羽生結弦オリンピックチャンネルのインタビューに応じてくれた羽生結弦

高難易度ジャンプについて

羽生:難しいジャンプはやりたいと思っています。それは絶対に必要だとは思っているので。ただ、ちょっと今回、自分のジャンプに自信を持ち始めることができているので、自信を持ちながら…ただ、高難易度(ジャンプ)になった場合でも自分の質を消さないように、この質のままで高難易度(ジャンプ)ができるようにというのを意識して、練習はやっていきたいと思っています。

自身のいまのスケートについて

羽生:自分の中のイメージをもっと表現しきりたいというのもありますし…言葉で表現するのが難しいんですけど、理想形としての表情の付け方だったり、表現の仕方だったり、プログラムとしてのオーラだったり雰囲気だったり、そういったものに関しては全然足りないなと思っています。

View this post on Instagram

🐐

A post shared by ISU Figure Skating ⛸ (@isufigureskating) on

NHK杯に向けて

羽生;NHK杯はNHK杯でまた考えようかなと思っています。もちろん(グランプリ)ファイナルに行くために必要な試合という位置づけはもちろんありますし、ファイナルまでの期間が短いからこそすごく慎重にやらなくてはいけないということもあります。

また、2戦目でケガをしやすいということももちろん頭の中に入れつつやっていかなければいけないと思うので、とにかくいろんなリスクとかを考えながら、その上で最大限自分ができることをトレーニングとして積んできた上で試合に臨みたいなと思います。

理想のスケートについて

羽生:去年のオータムクラシック(インターナショナル)の時に、すごくフワフワした状態でやっていて、”アクセルを跳んで早くやめたい”みたいな感じのところが若干あったのはあったんですね。やっぱり競技を続けることがどれだけ大変かというのを覚悟しなければいけないと思っていますし、実際にいま競技を続けている上で、物凄くいろんなものを削ってやっているとは思っています。

だからこそ…削っているうえで中途半端なことをしたくないなと思ったんですよ。今やっと、このスケート・カナダが終わった段階で、やっと自分がしたいスケート、自分が目指したい理想のスケートと高難易度ジャンプ、自分の夢だったアクセルだったりルッツだったりがやっとイコール(同じ)になってきた状態なんですね。だからこそ、それも含めて質の高い演技をしたいなって思っています。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!