【自転車】トラックW杯第3戦・香港大会最終日|女子オムニアムの梶原悠未が優勝!最終日はメダルラッシュ

女子オムニアムでは、梶原悠未が優勝した(写真は世界選手権ポーランド大会)
女子オムニアムでは、梶原悠未が優勝した(写真は世界選手権ポーランド大会)女子オムニアムでは、梶原悠未が優勝した(写真は世界選手権ポーランド大会)

中国の香港で行われている「UCI(国際自転車競技連合)トラックワールドカップ第3戦」は、現地時間12月1日に4日目を迎えた。最終日となるこの日は、女子オムニアムの梶原悠未が優勝、女子ケイリンの小林優香が銅メダル、男子スプリントの深谷知広も銅メダルと、メダルラッシュとなった。

【女子】

女子オムニアスは、スクラッチ、テンポレース、エリミネーション、そしてポイントレースの順に4競技を行い、合計ポイントで優勝者を決める競技。梶原悠未は、スクラッチが28点(7位)、テンポレースで36点(3位)、エリミネーションで首位(40点)、そしてポイントレースで9点(8位)の合計113ポイントで総合優勝を果たした。

女子ケイリンの小林優香は第1ラウンドの第6ヒートを11秒331で制すと、第2ラウンドでは第2ヒートで3位に入り、決勝進出。決勝では、世界の強豪がひしめく中、堂々の3位で表彰台に上がった。太田りゆは、第1次ラウンドで3位に終わり、敗者復活戦に回ったものの、第2ラウンドに進むことは出来なかった。優勝は、敗者復活戦から勝ち上がった韓国のイ・ヒェジン。

【男子】

男子スプリントの深谷知広が銅メダルを獲得した。準々決勝では、河端朋之との日本人対決を制した。準決勝では、同じく準々決勝で新田祐大を破った世界チャンピオン、オランダのハリー・ラブレイセンと対戦し、敗れて3位決定戦に回った。3位決定戦ではポーランドの選手を上回り、表彰台に上がった。優勝は、日本勢を破ったハリー・ラブレイセン。

男子スクラッチでは、沢田桂太郎が20人中10位に入った。男子マディソンでは、日本(チーム・ブリジストン・サイクリング)の今村駿介・窪木一茂コンビが15チーム中10位で大会を終えた。

次回のトラックワールドカップ第4戦は、ニュージーランドのケンブリッジで12月6日から開催される。

【注目選手紹介】|自転車トラック注目選手:日本発祥のケイリンは世界ランク1位...最強の陣容で北京五輪以来のメダルを狙う

View this post on Instagram

【李慧詩凱林賽名列第5 李思穎全能賽第7】 一連三天「2019-2020 世界盃場地單車賽–香港站」周日(12月1日)圓滿落幕,「牛下女車神」李慧詩挾贏得爭先賽金牌餘威再上戰陣,衝擊另一強項凱林賽,最終力戰下以第5名完成。另一港將李海恩首回合僅排小組第2,落入復活賽亦未能出線。 此外,港隊「孖寶」張敬樂 / 梁峻榮出戰男子麥迪遜決賽,這對雅加達亞運冠軍組合力戰30公里後在18支參加隊伍中排第11位;應屆亞洲賽金牌得主繆正賢在男子捕捉賽獲得第11名,男子爭先賽羅子駿於200米計時賽排第22名晉級 1/16決賽,可惜最終不敵法國Gregory Bauge,無緣闖關。至於港女隊新星李思穎在女子全能賽有不俗發揮,取得第7名。 總結3天賽事,連日來表現亮眼的新西蘭隊勇奪香港站總冠軍殊榮。 第3天賽事三甲成績列下: 男子麥迪遜 金牌:德國 銀牌:新西蘭 銅牌:英國 女子全能賽 金牌:梶原悠未(日本) 銀牌:Maria Martins (葡萄牙) 銅牌:Jolien D’Hoore(比利時) 男子捕捉賽 金牌:Roy Eefting(荷蘭) 銀牌:Christos Volikakis(希臘) 銅牌:Corbin Strong(新西蘭) 男子爭先賽 金牌:Harrie Lavreysen(荷蘭) 銀牌:Jeffrey Hoogland(荷蘭) 銅牌:深谷知弘(日本) 女子凱林賽 金牌:李慧珍(韓國) 銀牌:Liubov Basova(烏克蘭) 銅牌:小林優香(日本) 【Sarah Lee ranked 5th in Women’s Keirin and Cece Lee finished 7th in Women’s Omnium】 On Day 3 and the final day of the 2019-2020 Tissot UCI Track Cycling World Cup – Hong Kong, host star rider Sarah Lee Wai Sze competed in the Women’s Keirin, hoping to add to her medals tally after winning the Women’s Sprint gold overnight, yet she had to settle for a 5th place finish. Another Hong Kong team rider Jessica Lee Hoi Yan ranked 2nd in the opening round, she fell into the Repechages and failed to make it through to the next round. Over to Men’s Madison, Asian Games gold medalists Cheung King Lok & Leung Chun Wing ranked 11th among 18 teams after a hard fought 30 km battle. Asian Champions Mow Ching Yin finished 11th in the Men’s Scratch. Young rider Law Tsz Chun ranked 22nd in the Men’s Sprint Qualifying 200m t.t., he advanced to the 1/16 Finals before losing to French rider Gregory Bauge, who is a four-time World Champions. Hong Kong rising star Ceci Lee Sze Wing ranked 7th in the Women’s Omnium after some respectable performance throughout. After three days of competition, New Zealand were crowned the World Cup Round Winner. Day 3 (1 December) results Men’s Madison Gold: Germany Silver: New Zealand Bronze: Great Britain Women’s Omnium Gold: Yumi Kajihara (Japan) Silver: Maria Martins (Portual) Bronze: Jolien D’Hoore (Belgium) Men’s Scratch  Gold: Roy Eefting (Netherlands) Silver: Christos Volikakis (Greece) Bronze: Corbin Strong (New Zealand) Men’s Sprint Gold: Harrie Lavreysen (Netherlands) Silver: Jeffrey Hoogland (Netherlands

A post shared by trackworldcuphk (@trackworldcuphk) on

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!