自転車ロードレース

【自転車】ロードレースの東京五輪代表候補を発表…新城幸也、與那嶺恵理ら

文: 渡辺文重 ·

日本自転車競技連盟(JCF)は11月4日、Tokyo2020(東京五輪)自転車競技ロード種目の日本代表候補を発表した。日本代表候補は日本オリンピック委員会(JOC)の承認をもって、正式な派遣選手に決定する。男女ロードレース、女子個人タイムトライアルの代表候補は以下の通り。

■男子ロードレース

  • 新城幸也(Team Bahrain McLaren)
  • 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)

■女子ロードレース

  • 與那嶺 恵理(OANDA JAPAN)
  • 金子広美(イナーメ信濃山形)

■女子個人タイムトライアル

  • 與那嶺 恵理(OANDA JAPAN)

■補欠選手

  • 男子:中根英登(NIPPO DELKO One Provence)
  • 女子:樫木祥子(株式会社オーエンス)

JCFは公式サイトを通じ、代表候補のコメントを発表している。

新城幸也

自国開催のオリンピックを自分が現役選手の時に迎えられることは運命だと思っていました。世界中が大変な状況下で競技を続けられる自分の環境に感謝し、しっかり準備をして自分の最高のパフォーマンスを発揮するだけです。皆さんも楽しみにしていてください!

増田成幸

東京オリンピックロードレースの日本代表候補への選出、大変光栄です。一方で、身が引き締まる思いです。日本代表の名に恥じないような走りができるように精進いたします。

與那嶺 恵理

全てを力に変えて。

金子広美

私がここまで走れる環境を用意してくれた、全ての方々に感謝しています。今も世界は厳しい状況が続いていますが、与えられたチャンスに向けて、次につながる きっかけとなる走りができるように、しっかりとトレーニングを重ねていきます。