【自転車】UCIトラック世界選手権ベルリン大会最終日・結果|女子ケイリン、東京五輪の出場枠を確保

小林優香らは早期敗退したものの、女子ケイリンの東京五輪出場枠を確保した
小林優香らは早期敗退したものの、女子ケイリンの東京五輪出場枠を確保した小林優香らは早期敗退したものの、女子ケイリンの東京五輪出場枠を確保した

UCIトラック世界選手権の5日目が、ドイツのベルリンで現地時間3月1日に行われた。最終日、日本勢は女子ケイリンに出場した。太田りゆ(JPCA JPCU埼玉/チームブリヂストンサイクリング)、小林優香(JPCA JPCU福岡/ドリームシーカー)の2選手は、いずれも敗者復活戦で敗退しものの、Tokyo2020(東京五輪)同種目の出場枠「1」を確保した。

女子ケイリンの太田りゆはヒート2の3位で、小林優香はヒート5の3位で敗者復活戦へと回った。敗者復活戦では、ヒート2の太田、ヒート4の小林はそれぞれ3位で敗退した。国際自転車連合(UCI)の五輪ランキングで条件を満たしたため、同種目で初めての出場枠を確保した。

同大会の最終日を終えた時点で、日本の東京五輪出場枠が決まっているのは、男子ケイリンが2枠、男子スプリントが1枠、男子オムニアムが1枠、女子マディソン1枠、女子オムニアムが1枠、女子ケイリンが1枠。今大会でメダルを獲得した女子オムニアムの梶原悠未(筑波大)、男子ケイリンの脇本雄太(JPCA JPCU福井/チームブリヂストンサイクリング)の出場は、ほぼ確実と見られている。

2020年トラック世界選手権大会派遣選手団

  • 大 会 名:2020年トラック世界選手権大会
  • 開催日程:2020年2月26日(水)~3月1日(日)
  • 派遣日程:2020年2月20日(木)~3月3日(火)
  • 開催場所:ドイツ・ベルリン

スタッフ

  • ブノワ・ベトゥ(短距離ヘッドコーチ)
  • クレイグ・グリフィン(中距離ヘッドコーチ)
  • ジェイソン・ニブレット(短距離コーチ)
  • 大林 治(強化医科学部会員)
  • 井上純爾(強化支援スタッフ)
  • 中山真臣(強化支援スタッフ)
  • 青山ゆう(強化支援スタッフ)
  • 森 昭雄(強化支援スタッフ)
  • 斉藤健吾(強化支援スタッフ)
  • ギルバート・アヴァンティーニ(強化支援スタッフ)
  • 田畑昭秀(強化支援スタッフ)
  • アリス・ボナミ(通訳)
  • 柴 みちる(通訳)
  • 貝塚直子(JCFスタッフ)
  • 齊藤 真未 (JCFスタッフ)

選手(短距離)

  • 脇本雄太(JPCA JPCU福井/チームブリヂストンサイクリング)
  • 河端朋之(JPCA JPCU岡山)
  • 新田祐大(JPCA JPCU福島/ドリームシーカー)
  • 深谷知広(JPCA JPCU愛知/ドリームシーカー)
  • 雨谷一樹(JPCA JPCU栃木)
  • 小林優香(JPCA JPCU福岡/ドリームシーカー)
  • 太田りゆ(JPCA JPCU埼玉/チームブリヂストンサイクリング)

選手(中距離)

  • 橋本英也(岐阜 JPCU岐阜/チームブリヂストンサイクリング)
  • 窪木一茂(福島 チームブリヂストンサイクリング)
  • 今村駿介(福岡 中央大学/チームブリヂストンサイクリング)
  • 近谷 涼(富山 チームブリヂストンサイクリング)
  • 沢田桂太郎(宮城 日本大学/チームブリヂストンサイクリング)
  • 梶原悠未(茨城 筑波大学)
  • 中村妃智(千葉 日本写真判定)

【東京オリンピック出場枠争い】自転車競技・ロード&トラック:トラック種目は開催国枠なしも、ケイリンで日本にメダル可能性大

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!