自転車トラックレース

【自転車】UCIトラック世界選手権ベルリン大会4日目・結果|深谷知広と新田祐大がベスト8…男子スプリント

文: 鈴木花 ·
男子スプリントの新田祐大は、ベスト8で敗退した

UCIトラック世界選手権の4日目がドイツ・ベルリンで現地時間2月29日に行われた。この日、日本勢は男子スプリント、男子オムニアム、そして女子マディソンに出場した。日本勢最高位は、男子スプリントの深谷知広と新田祐大のベスト8敗退。男子オムニアムの橋本英也は11位、女子マディソンの中村妃智/古山稀絵チームは、18チーム中15位に終わった。

男子スプリントの深谷知広(JPCA JPCU愛知/ドリームシーカー)は、28位まで通過の予選を13位で突破。1回戦でスペインの選手、ラウンド16でロシアの選手を破ってベスト8入り。準々決勝では、マレーシアの選手に敗れた。新田祐大(JPCA JPCU福島/ドリームシーカー)は予選を8位で通過。1回戦ではオランダの選手、ラウンド16でフランスの選手に勝利し、深谷と同じくベスト8入りを果たした。準々決勝では、オランダの選手に敗れた。準決勝と決勝は、翌日に行われる。

男子オムニアムに出場した橋本英也(岐阜 JPCU岐阜/チームブリヂストンサイクリング)は、スクラッチレースで10位、テンポレース9位、エリミネーションでは6位と、3種目を終えて8位。最終のポイントレースでは、ポイントを稼げず、11位に順位を下げた。フランスのトーマス・ベンジャミンが優勝した。

女子マディソンでは、中村妃智(日本写真判定)と古山稀絵(日本体育大学)の日本チームは、マイナス40ポイントで18チーム中15位。優勝はオランダチーム、2位、3位にはフランス、イタリアの順に続いた。

2020年トラック世界選手権大会派遣選手団

  • 大 会 名:2020年トラック世界選手権大会
  • 開催日程:2020年2月26日(水)~3月1日(日)
  • 派遣日程:2020年2月20日(木)~3月3日(火)
  • 開催場所:ドイツ・ベルリン

スタッフ

  • ブノワ・ベトゥ(短距離ヘッドコーチ)
  • クレイグ・グリフィン(中距離ヘッドコーチ)
  • ジェイソン・ニブレット(短距離コーチ)
  • 大林 治(強化医科学部会員)
  • 井上純爾(強化支援スタッフ)
  • 中山真臣(強化支援スタッフ)
  • 青山ゆう(強化支援スタッフ)
  • 森 昭雄(強化支援スタッフ)
  • 斉藤健吾(強化支援スタッフ)
  • ギルバート・アヴァンティーニ(強化支援スタッフ)
  • 田畑昭秀(強化支援スタッフ)
  • アリス・ボナミ(通訳)
  • 柴 みちる(通訳)
  • 貝塚直子(JCFスタッフ)
  • 齊藤 真未 (JCFスタッフ)

選手(短距離)

  • 脇本雄太(JPCA JPCU福井/チームブリヂストンサイクリング)
  • 河端朋之(JPCA JPCU岡山)
  • 新田祐大(JPCA JPCU福島/ドリームシーカー)
  • 深谷知広(JPCA JPCU愛知/ドリームシーカー)
  • 雨谷一樹(JPCA JPCU栃木)
  • 小林優香(JPCA JPCU福岡/ドリームシーカー)
  • 太田りゆ(JPCA JPCU埼玉/チームブリヂストンサイクリング)

選手(中距離)

  • 橋本英也(岐阜 JPCU岐阜/チームブリヂストンサイクリング)
  • 窪木一茂(福島 チームブリヂストンサイクリング)
  • 今村駿介(福岡 中央大学/チームブリヂストンサイクリング)
  • 近谷 涼(富山 チームブリヂストンサイクリング)
  • 沢田桂太郎(宮城 日本大学/チームブリヂストンサイクリング)
  • 梶原悠未(茨城 筑波大学)
  • 中村妃智(千葉 日本写真判定)
  • 古山稀絵(東京 日本体育大学)

【東京オリンピック出場枠争い】自転車競技・ロード&トラック:トラック種目は開催国枠なしも、ケイリンで日本にメダル可能性大