若手球宴に選出の八村塁、復帰戦は3日以降に持ち越し

八村塁の復帰は次戦以降に持ち越しとなった
八村塁の復帰は次戦以降に持ち越しとなった八村塁の復帰は次戦以降に持ち越しとなった

ワシントン・ウィザーズの八村塁の復帰戦が、現地時間2月3日(日本時間4日)のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦以降に見送りとなった。1日(同2日)、スコット・ブルックスヘッドコーチ(HC)が明らかにした。 

当初ブルックスHCは、八村の復帰が1日のブルックリン・ネッツ戦になる可能性を示唆していたが、当日試合前の会見で、もう少々調整が必要であるとし、順調にいけば3日のウォリアーズ戦での復帰が期待できる旨を明かした。

昨年12月、試合中にチームメイトと接触して鼠けい部を負傷し、以降23試合連続で欠場していた八村だが、今季は開幕から25試合連続で先発し、一試合平均13.9得点、5.8リバウンド、1.6アシストをマーク。1月31日にはNBAのオールスター期間中に行われる若手の球宴、ライジングスターズ・チャレンジに選出された。

ライジングスターズ・チャレンジは1〜2年目の選手を対象に、NBA全チームのアシスタント・コーチらよって20名が選出される。チームは2つに分かれ、八村は昨年の新人王ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)や、大学時代チームメイトだったブランドン・クラーク(グリズリーズ)らとともに、海外出身選手たちで構成される「ワールドチーム」に属する。

対する「U.S.チーム」は、新人王候補の一人であるジャ・モラント(グリズリーズ)や、昨年のドラフト全体1位のザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)など、アメリカ人選手たちが所属する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!