西岡良仁が逆転勝利で1回戦突破 | テニス全米オープン1日目

2回戦進出を決めた西岡良仁
2回戦進出を決めた西岡良仁2回戦進出を決めた西岡良仁

テニス全米オープンは現地時間26日に本戦がスタートし、男子シングルス1回戦に臨んだ西岡良仁(世界ランク59位)は、マルゴ・ギロン(アメリカ、世界ランク155位)に3-6、6-4、6-4、6-4で勝利し、2回戦進出を決めた。

西岡は立ち上がりの第1セット第2ゲームで3つのブレークチャンスを迎えるもモノにすることができず、その後2つのブレークを許し、3-6で第1セットを落とす。巻き返したい西岡は、第2セット第3ゲームでブレークに成功し、6-4で第2セットを奪う。これで流れを掴んだ西岡は圧力を強め、第3セットでも先にブレーク。その後、相手選手がメディカルタイムアウトを取って治療を行った影響もあってか、流れを渡すことなく第4ゲームも奪い、逆転で1回戦突破を決めた。

西岡は2回戦で、世界ランク61位のフェリシアーノ・ロペス(スペイン)と対戦することに決まった。両者は2016年のマイアミで1度対戦。その際は西岡がストレートで勝利を収めている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!