車いすテニス

【車いすテニス】全米オープン・車いすの部3日目:女子シングルス決勝、上地結衣は準優勝

文: 鈴木花 ·

現地時間9月12日、米国ニューヨークで行われているテニスの全米オープン・車いすの部3日目が行われた。この日行われた女子シングルス決勝では、世界ランク2位の上地結衣が4年連続の7度目の決勝を戦った。上地は3年連続の準優勝となり、2017年以来の金メダルには手が届かなかった。

女子シングルス、女子ダブルスで決勝進出を果たしている上地の決勝の相手は、世界ランク1位のディーダ・デ・グロート(オランダ)。4年連続で同じ顔合わせとなった。試合は3-6、3-6のストレート負けを喫し、全豪オープンに続くグランドスラム2冠目とはならなかった。

翌日の女子ダブルス決勝でも、この2人は顔を合わせる。英国のジョーダン・ワイリーとペアを組む上地は、マジョレーン・バイスとデ・グロートのオランダの世界ナンバー1ペアと対戦。2018年以来の同大会女子ダブルス優勝を目指す。