近代五種

【近代五種】新型コロナウイルスの影響でW杯が延期…東京五輪出場選考期限調整か

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
近代五種のW杯が延期となった(写真は2019年W杯ファイナル)

国際近代五種連合(UIPM)は3月15日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により、未消化のワールドカップ(W杯)を延期し、5月以降に開催すると発表した。また、Tokyo2020(東京五輪)出場選手選考期限の延長を、国際オリンピック委員会(IOC)に求めている。

今回延期されたのは、W杯ソフィア大会1(ブルガリア・3/25~3/29)、W杯ソフィア大会2(ブルガリア・4/2~4/5)、W杯ブタペスト大会(ハンガリー・4/29~5/3)、W杯ファイナル(韓国・5/14~5/17)。5月25日から31日にメキシコで開催予定の世界選手権は、予定通り行われる見込みだと発表している。

国際近代五種連合は、5月末に設定されている東京オリンピック出場選手選考期限について、6月末まで延期するよう国際オリンピック委員会に求める手続きを行ったことも明らかにした。

東京オリンピック出場枠

五輪では個人戦のみで、男女ともに全36選手によって実施される。

オリンピック予選大会一覧 ※男女共通()内は出場枠

1.2019近代五種 ワールドカップファイナル東京大会優勝者(1)(2019年5月)

2.各大陸選手権上位入賞者

  • アジア・オセアニア選手権(アジア5、オセアニア1)(2019年11月)
  • 2019年パンアメリカン競技大会(北中米2、南米2、最上位1)(2019年7月)
  • ヨーロッパ選手権(8)(2019年8月)
  • アフリカ選手権(1)(2019年2月)

3.2019近代五種世界選手権(3)(2019年9月)

4.2020近代五種世界選手権(3)(2020年5月)

5.2020年6月1日付、UIPMオリンピック世界ランキング上位6名(6)

6.開催国枠(1)

7.三者委員会から特別招待枠(2)