【野球・プレミア12】1次リーグ最終戦|丸佳浩の大会初安打など台湾に8-1で快勝! 全勝予選通過で2次リーグも有利に

侍ジャパンの原動力として台湾戦でも2ランホームランを含む3安打4打点の活躍を見せた鈴木誠也
侍ジャパンの原動力として台湾戦でも2ランホームランを含む3安打4打点の活躍を見せた鈴木誠也侍ジャパンの原動力として台湾戦でも2ランホームランを含む3安打4打点の活躍を見せた鈴木誠也

現地時間11月7日、野球の国際大会「WBSCプレミア12」の1次リーグ最終戦が台湾・台中インターコンチネンタル野球場で行われ、野球日本代表“侍ジャパン”は、ホスト国の台湾(チャイニーズ・タイペイ)に8-1で快勝した。全勝による予選通過により、スーパーラウンドで1勝した状態で臨むことになった。

1次リーグ(オープニングラウンド)B組で初戦のベネズエラ戦、第2戦のプエルトリコ戦と2連勝を挙げ予選ラウンド最終戦・台湾戦を迎えた侍ジャパンは、アウェイのなか鈴木誠也(広島)のタイムリーを皮切りに初回から2点を奪った。その鈴木の「勝ちたいという気持ちで打った」という、4回の2ランホームランでさらに引き離した。

ホーム・台湾に対する地元ファンから大声援に臆することなく、6回にも丸佳浩(巨人)が今大会初安打となる適時二塁打で1点追加した侍ジャパンは、9回に3点をダメ押し。台湾は9回裏で1点返すもそこまでだった。

予選ラウンドを3戦全勝した侍ジャパンは、11日から日本で始まる予選上位6チームによる2次リーグ「スーパーラウンド(東京ドーム、ZOZOマリンスタジアム)」で、1次リーグで同組のチームと対戦せず1勝したことになり、スーパーラウンドを有利に戦える。

決勝は、17日、スーパーラウンド上位2チームによって行われる。

また、本大会はTokyo2020(東京オリンピック)の予選大会を兼ねているが、日本は本大会の結果如何に関わらず、開催国枠で出場することになっている。

野球国際大会プレミア12の日程&放送予定、各国紹介|侍ジャパンは世界一になれるのか

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!