【野球・プレミア12】1次リーグ第2戦|侍ジャパン、鈴木誠也の3ランでプエルトリコに勝利。…投手陣の継投光る完封勝利で2次リーグ進出決定!

この日先制のホームを踏んだ山田哲人(写真は2018年国際親善試合の台湾戦)
この日先制のホームを踏んだ山田哲人(写真は2018年国際親善試合の台湾戦)この日先制のホームを踏んだ山田哲人(写真は2018年国際親善試合の台湾戦)

現地時間の11月6日、野球日本代表「侍ジャパン」は、台湾の桃園で第2回WBSCプレミア12の2試合目を戦った。1次リーグ「オープニングラウンド」の第2試合目の相手は、前日に台湾に大敗したプエルトリコ。6回をわずか1安打に抑えた先発の高橋礼(ソフトバンク)の好投を、引き継いだリリーフ陣が鮮やかな継投を見せ、4-0の完封勝利で2連勝を達成。2次リーグ「スーパーラウンド」への進出を決めた。

0-0で迎えた3回裏、4番・ライトの鈴木誠也(広島)の3ランホームランが勝負を決めた。1番の山田哲人(ヤクルト)がフォアボールで出塁すると、2番の菊池涼介(広島)、3番の近藤健介(日ハム)がしぶとく打線をつなぐ。近藤が内野安打を放つと、相手のエラーを見計らって山田がホームに帰って先制。続く4番鈴木のレフトスタンドへの3ランホームランで4-0とした。

「侍ジャパン」の投手陣は、嘉弥真、大竹、山本と継投し、最後は山崎康晃(横浜)がきっちり無失点で試合を終わらせた。終わってみれば、プエルトリコ打線をわずか4安打1四球に抑える快勝で2連勝を決めた。翌7日は、ホスト国で世界ランク4位の台湾と対戦する。

野球国際大会プレミア12の日程&放送予定、各国紹介|侍ジャパンは世界一になれるのか

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!