【野球】侍ジャパン、練習試合で連勝|4番鈴木誠也が2戦連発弾

日本ハム戦に続き練習試合2戦連続ホームランを放った鈴木誠也
日本ハム戦に続き練習試合2戦連続ホームランを放った鈴木誠也日本ハム戦に続き練習試合2戦連続ホームランを放った鈴木誠也

10月26日、野球日本代表"侍ジャパン"は10月26日、サンマリンスタジアム宮崎でオリックスバッファローズとの練習試合を行ない、3-1で勝利を収めた。25日の日本ハム戦から連勝でテストマッチを終え、東京オリンピックの前哨戦に位置付けられる11月の「第2回WBSC プレミア12」に向け、順調なスタートを切った。

25日の日本ハム戦では7得点と打線が爆発した侍ジャパン。この日の初回は3者凡退に抑えられるが、2回裏に先頭の4番鈴木誠也がバックスクリーンへソロホームランを放つ。4番の2戦連発弾で先制すると、會澤翼のタイムリー2ベースで追加点を挙げる。

6回には吉田正尚の安打や相手のエラーなどで2死満塁のチャンスを作ると、浅村栄斗が押し出し四球を選び1点を追加し、オリックス相手に3-1で勝利した。

先発の今永昇太は3イニングを投げ被安打2、無失点の好投。2番手の大野雄大は2回無失点、3番手の山岡泰輔は2回1失点だった。

侍ジャパンは沖縄に移動し「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsカナダ」(10月31日、11月1日)を行なう。その後は台湾で「第2回WBSC プレミア12」(11月3日開幕)オープニングラウンドを戦い、上位2か国に入ると11日からのスーパーラウンド(東京ドーム・ZOZOマリンスタジアム)に進出となる。

<代替追加選手>

宮崎合宿前に東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹、森原康平がそれぞれ肘の違和感で代表を辞退、日本ハム戦前には福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大も右肩違和感により辞退。以下の3選手が追加招集された。

  • 投手 17 大竹 寛(読売ジャイアンツ)右投右打
  • 投手 20 甲斐野 央(福岡ソフトバンクホークス)右投左打
  • 投手 57 嘉弥真 新也(福岡ソフトバンクホークス)左投左打

野球の東京五輪情報はこちら:【東京オリンピック出場枠争い】野球:開催国枠の日本を含めた6チームで実施。「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が選ぶ24名は?

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!