【野球】大谷翔平が紅白戦で本塁打…インスタグラムで昨年急逝の同僚を追悼

2019年7月12日、急逝したスカッグスをしのび、全員が背番号45を着用した
2019年7月12日、急逝したスカッグスをしのび、全員が背番号45を着用した2019年7月12日、急逝したスカッグスをしのび、全員が背番号45を着用した

現地時間7月24日に2020シーズンの開幕を迎える北米プロ野球・MLB(メジャーリーグベースボール)。開幕に向け、各球団は夏季キャンプを実施中だが、ロサンゼルス・エンジェルスからは大谷翔平の快音が聞かれた。球団公式SNSは、紅白戦で放った大谷の本塁打動画を紹介している。

紅白戦が行われた7月12日は、昨年タイラー・スカッグス投手が急死してから初となる本拠地開催試合が行われた日だった。大谷は自身のInstagram(インスタグラム)に「One year ago today #RIP45」とコメント。試合後に選手たちがピッチャーマウンドへ集まり、スカッグスのユニホーム(45番)を並べて追悼する動画を投稿した。

2019年7月12日に行われた試合は、エンジェルスの選手全員が背番号45のユニホームを着用。継投によるノーヒットノーランを達成し、13-0でシアトル・マリナーズに勝利を収めた。この試合、大谷は3番・DHで出場し、1安打を放っている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!