【野球】東京五輪アメリカ大陸予選・世界最終予選の組み合わせと試合日程が決定

11月20日、WBSC(世界野球ソフトボール連盟)が東京オリンピック・アメリカ大陸予選と世界最終予選の組み分けおよび試合日程を発表した。

野球の母国・アメリカは東京五輪出場権獲得なるか
野球の母国・アメリカは東京五輪出場権獲得なるか野球の母国・アメリカは東京五輪出場権獲得なるか

東京五輪の出場チーム数は6。現時点で日本、イスラエル、韓国、メキシコの4カ国が出場権を獲得しており、残るはアメリカ大陸予選と世界最終予選の各優勝国に与えられる2枠である。

2020年の3月22日から26日にかけてアメリカのアリゾナ州で開催されるアメリカ大陸予選には、8カ国が出場する。プレミア12で4位となりこのアメリカ大陸予選で出場権獲得を目指すアメリカは、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で2大会連続準優勝のプエルトリコ、第3回WBC覇者のドミニカ共和国らと同じグループAに入った。さらに、デスパイネやグラシアル、モイネロなどNPB(日本野球機構)に関わるメンバーを擁するキューバは、ベネズエラやカナダといったWBC常連国と同組になった。

1回総当たり戦のグループリーグで各グループ2位までが決勝ラウンドに進出し、優勝国に東京五輪出場権が与えられる。

また、2020年の4月1日から5日にかけて台湾の台中で開催される世界最終予選には、アジア予選2位のチャイニーズ・タイペイ(台湾)、3位の中国、アフリカ/ヨーロッパ予選2位のオランダが出場する。さらに、今後はアメリカ大陸予選の2・3位チームとオセアニア予選優勝国が加わる予定となっている。

この世界最終予選は1回総当たりのリーグ戦形式で行われ、1位のチームに東京五輪出場権が与えられることになる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!