野球

【野球】U-23W杯は2021年に延期|新型コロナウイルスの影響で

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
日本代表・稲葉篤紀監督

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は6月30日、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により、「第3回 WBSC U-23野球ワールドカップ」(W杯)を2021年に延期すると発表した。同大会は2020年9月30日からメキシコで行われる予定だったが、2021年9月24日開幕に変更された。

WBSCは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年9月30日から10月9日にメキシコのシウダード・オブレゴンとロス・モチスで開催予定だったU-23W杯を、2021年に延期することを発表。新日程は2021年9月24日から10月3日となり、開催地は変更されない。大会延期に際しWBSCのリカルド・フラッカリ会長は、「延期は残念だが、最善かつ安全な方法だと考えている。来年には、ファンがスタジアムを埋め尽くし、最高の大会を開催できると確信している」とコメントした。今回のU-23W杯には日本をはじめ、韓国や開催国のメキシコなど12か国が参加する。

U-23W杯は2016年から2年に1度行われている、23歳以下の選手による野球の国際大会。第1回大会は日本が優勝し、真砂勇介(福岡ソフトバンクホークス)がMVPに選出された。2018年の前回大会はメキシコが優勝、日本は準優勝だった。

なおWBSCは、女子野球ワールドカップ(2020年11月12日~21日、メキシコ・ティフアナ)と、U-15野球ワールドカップ(2020年10月30日~11月8日、メキシコ・ティフアナ)の開催時期について、開催国であるメキシコと協力して引き続き検討していくとしている。

第3回 WBSC U-23野球ワールドカップ出場国

アフリカ(1枠)

  • 南アフリカ(24位)

北中南米(4枠)

  • メキシコ(5位/開催国)
  • キューバ(7位)
  • ベネズエラ(8位)
  • ニカラグア(15位)

アジア(3枠)

  • 日本(1位)
  • チャイニーズ・タイペイ(4位)
  • 中国(22位)

ヨーロッパ(2枠)

  • チェコ(16位)
  • ドイツ(19位)

オセアニア(1枠)

  • ニュージーランド(39位)

ワイルドカード(1枠)

  • 韓国(3位)

※()内の順位は最新のWBSCランキング