錦織圭、東京五輪では大坂なおみと組んで混合ダブルス参戦も?「なおみに話してみる」

錦織&大坂の混合ダブルスペア誕生も?
錦織&大坂の混合ダブルスペア誕生も?錦織&大坂の混合ダブルスペア誕生も?

男子テニス世界ランキング7位の錦織圭は、女子の世界ランキング1位大坂なおみとの混合ダブルスで、2020年の東京五輪を目指す可能性があることを示唆した。

現在、全米オープンに向けて現地で調整を続けている錦織圭は会見の席で「(東京五輪では)男子ダブルスにも出場するのは確実。かなり高温で、湿気もひどい中、シングルスに加えて2つのダブルスに出場できるかはわからない」と発言。男子シングルス、男子ダブルスの出場が確実だとしたうえで、3競技目となる混合ダブルスまで対応できるか不明だと言いつつも、含みを持たせている。

「正直なところ、まだそれほど真剣に考えているわけではない。あとでなおみに話してみる」

錦織は2016年のリオデジャネイロ五輪で3位入賞し、銅メダルを獲得。2020年は母国開催の五輪ということもあり、男子シングルスと男子ダブルスへの出場に意欲を示した。また、混合ダブルスではグランドスラムを2度制している女子のトップ選手、大坂なおみとのペアが実現した場合、連係面が熟成すれば地の利も含め、頂点に手が届く可能性も十分に考えられる。

猛暑が予想される東京五輪で、短期間に男子シングルス、男子ダブルス、混合ダブルスと3つの競技に出場するのは錦織にとっては激しい消耗が予想される。それでも錦織&大坂という夢のペア誕生に向けた動きは実現化するのか、引き続きその動向が注目されるところだ。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!