【陸上競技】桐生祥秀、ピンなしシューズに「すげー感覚の違いやった」

株式会社アシックスは5月14日、スパイクピンのない陸上スプリントシューズ「METASPRINT(メタスプリント)」に採用している成型技術が、世界最大規模の複合材料展示会「JEC WORLD 2020」の「Sports & Heath care」部門で表彰されたと発表した。

ピンなしシューズについて語る桐生祥秀
ピンなしシューズについて語る桐生祥秀ピンなしシューズについて語る桐生祥秀

CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)を用いた複雑な立体形状を実現する成型技術が、「The JEC Composites Innovation Awards」を受賞したとのこと。「JEC WORLD」は、世界の複合材料産業の発展を目的に1970年から毎年開催。1996年に設立された「The JEC Composites Innovation Awards」は、技術の革新性や商業的応用可能性などを基準に評価される。

「METASPRINT」は6月12日より、一部店舗で先行発売されることが告知されている。これを受け、同シューズを履く陸上短期距離の桐生祥秀(日本生命)は、Twitter(ツイッター)に「試作段階の時いろいろ試したなー」とコメント。「最初ピンないの履いた時はすげー感覚の違いやったのが懐かしい」と続けた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!