【陸上競技】桐生祥秀、元日に結婚報告「個人でもリレーでもメダルを狙いたい」と抱負

陸上競技・短距離走の桐生祥秀は1月1日、自身のSNSアカウントを更新。「お付き合いしていた女性と入籍」したことを発表した。相手については「一般の方で今後も働く予定」のため、詳細は伏せるとしている。桐生はTokyo 2020(東京五輪)出場を目指し、6月の日本選手権に臨む。

SNSを通じて結婚報告、2020年の抱負を語った桐生祥秀
SNSを通じて結婚報告、2020年の抱負を語った桐生祥秀SNSを通じて結婚報告、2020年の抱負を語った桐生祥秀

桐生は自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。スーツ姿で登場して入籍を報告した。そして2020年の抱負として「日本選手権で優勝して、東京オリンピックの権利を得て、決勝で走って。個人でもリレーでもメダルを狙いたい」と語った。

日本陸上競技連盟(JAAF)は2019年12月16日に、トラック&フィールド種目の日本代表選手選考要項を公表。これによれば、2020年6月に大阪で開催される第104回日本陸上競技選手権大会が、選考における重要な位置付けとなっている。

トラック&フィールド種目日本代表選手選考要項(pdf形式)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!