【陸上】アスレティックス・アワード2019開催|最優秀選手は世界陸上50km競歩金メダルの鈴木雄介

アスリートオブザイヤーに選出された鈴木雄介
アスリートオブザイヤーに選出された鈴木雄介アスリートオブザイヤーに選出された鈴木雄介

12月16日、日本陸上連盟(JAAF)の年間表彰セレモニー「アスレティックス・アワード2019」が開催され、各賞の受賞者が表彰された。2019年のアスリート・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)には、9月の世界陸上ドーハ男子50km競歩で金メダルに輝いた鈴木雄介が選ばれた。

日本陸連アスレティックス・アワード2019では、本年に活躍した競技者、並びに競技を通して社会に貢献した人を表彰する。アスリート・オブ・ザ・イヤーに選ばれた鈴木雄介は、表彰式で同賞への思いを語った。鈴木は「これまでも受賞するチャンスがありながら受賞できず、悔しい思いをしてきた。その思いをもってここまでやってこれた。東京オリンピックを含め、今後もこの賞をもらえるような努力をし続けたい」とコメントしている。

優秀選手賞にはサニブラウン・アブデルハキームら男子4×100mリレー日本代表、戸邉直人、山西利和の3組が選出された。また特別賞は、シドニー五輪マラソンの金メダリスト高橋尚子氏や、バルセロナ・アトランタ両五輪のマラソンでメダルを獲得した有森裕子氏のコーチを務めるなど、多くのトップランナーを育てた故・小出義雄氏が受賞した。

日本陸連アスレティックス・アワード2019受賞者

■アスリート・オブ・ザ・イヤー

  • 鈴木雄介:世界陸上ドーハ50km競歩金メダル

■優秀選手賞

  • 男子4×100mリレー日本代表(多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン アブデルハキーム、小池祐貴):世界陸上ドーハ銅メダル
  • 戸邉直人:2019IAAFワールドインドアツアー走り高跳日本人初優勝
  • 山西利和:世界陸上ドーハ20km競歩金メダル

■新人賞

  • 城山正太郎:アスリートナイトゲームズイン福井で男子走幅跳の日本記録樹立(8m40)
  • 田中希実:世界陸上ドーハで女子5000mの日本歴代2位記録(15分00秒01)
  • 川野将虎:全日本50km歩高畠大会で日本記録樹立(3時間36分45秒)
  • 藤井菜々子:世界陸上ドーハ女子20km競歩7位入賞

■特別賞

  • 故・小出義雄:シドニー五輪女子マラソン金メダリスト高橋尚子らのコーチ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!