陸上競技

【陸上】セイコーゴールデングランプリが新国立競技場で開催 今季初めてトップアスリート達が集う

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

陸上のトップアスリートたちが来年の東京五輪の舞台・新国立競技場で競争

陸上の「セイコーゴールデングランプリ」が都内にて行われた。

8月23日、来年の東京五輪の舞台となる新国立競技場で陸上の「セイコーゴールデングランプリ」が行われた。

今季初めて陸上のトップアスリートが集う

今年は新型コロナウイルスの影響により多くの大会が延期や中止を余儀なくされたため、今大会がトップアスリートが集まる初めての大会となった。

競技は無観客で行われたものの、桐生祥秀やケンブリッジ飛鳥といった来年の東京五輪出場を目指す有力選手が本番の舞台と同じ新国立競技場でハイレベルな争いを演じた。また、コロナ禍で大会やインターハイに出場できなくなってしまった高校生アスリートもこの大会に招待され、国内トップ選手らと同じ条件で競技に臨んだ。東農大二高の柳田大貴は予選で10秒27のタイムをマーク、全体5位と大健闘を見せた。

来年の東京五輪と同じ舞台でトップアスリート達が競技を行うことができたのは、スポーツ界にとってよい兆しとなりそうだ。

男子100mで優勝した桐生祥秀は「国立に人が入って盛り上がるのが楽しみ」と有観客開催に胸を踊らせていた。アスリートたちは来年この舞台に日の丸を背負って戻ってくることを目指し、これからも競い合う。