陸上競技

【陸上】富士北麓WT:男子200m、小池祐貴が20秒76で1着…ケンブリッジ飛鳥は棄権

文: 渡辺文重 ·

山梨陸上競技協会主催「富士北麓ワールドトライアル2020」が9月6日、富士北麓公園陸上競技場で開催された。男子100メートルのウォームアップレースに出場したケンブリッジ飛鳥(Nike)は10秒13を記録。男子200m2本目では小池祐貴(住友電工)が20秒76で1着だった。

富士北麓ワールドトライアル2020特設サイト

ケンブリッジは男子200mに出場予定だったが棄権(DNS)。桐生祥秀(日本生命)と多田修平(住友電工)は、自身のSNSで欠場を表明していた。

女子100mでは、日本記録保持者(11秒21)の福島千里(セイコー)が1本目12秒31、2本目が12秒27で、第104回日本陸上競技選手権大会の参加標準記録(11秒80)を突破できなかった。

福島千里(JAAF公式)

第104回日本陸上競技選手権大会(JAAF公式)