陸上競技

【陸上】日本選手権・混成競技1日目:十種競技は清水剛士、七種競技はヘンプヒル恵が首位

文: 渡辺文重 ·

第104回日本陸上競技選手権大会・混成競技 兼 U20全国陸上競技大会・混成競技が9月26日、長野県・長野市営陸上競技場で開幕。同選手権は2日間の日程で行われ、初日の26日は男子十種競技の5種目、女子七種競技の4種目が行われた。残りの種目は第2日となる27日に行われる。

第104回日本陸上競技選手権大会 混成競技結果

十種競技は100m走、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m走を実施。清水剛士(三重陸協)が首位に立った。

七種競技は100mハードル、走高跳、砲丸投、200m走を行い、ヘンプヒル恵(アトレ)が首位となっている。