陸上競技

【陸上】桐生祥秀ら出場予定の豪州での大会がコロナウイルスの影響で延期に

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
桐生祥秀が2020年初戦に予定していたオーストラリアの大会が延期となった

オーストラリア陸上連盟は3月15日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により、20日にクイーンズランド州で開催予定だった陸上競技会「Queensland Track Classic」を延期すると発表した。同大会には、桐生祥秀らが出場を予定していた。

延期についてオーストラリア陸上連盟のダレン・ゴチャーCEOは、「非常に残念だが、選手やスタッフらの健康が最優先である」とし、開催はリスクが大きすぎると判断した。なお、代替日については検討中で、「可能な限り早く決定したい」とコメントしている。

「Queensland Track Classic(クイーンズランド・トラック・クラシック)」は、「ワールドアスレチックス(世界陸連)コンチネンタルツアー」のひとつ。同ツアーは、ダイヤモンドリーグに次ぐ世界規模のツアーで、2020年から創設された。

100メートルと200メートルで同大会の出場を予定していた桐生祥秀は、2月20日から現地オーストラリアで合宿を行っていた。大会の延期が発表された15日に、自身のTwitter(ツイッター)を更新。延期により出場できなくなったことを伝えるとともに、練習風景の写真を公開した。

「Queensland Track Classic」には、多田修平も当初は出場を予定していたが、現地当局が定めた「試合14日前までに入国」などの条件を満たすことができず、3月6日に自身のTwitterで同大会に出場できなくなったことを報告していた。