陸上競技

【陸上】2021年1月の都道府県対抗駅伝、男女とも中止の方針

文: 渡辺文重 ·

日本陸上競技連盟(JAAF)は9月9日、2021年に開催される「天皇盃 第26回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」(1月17日)、「皇后盃 第39回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」(1月24日)の開催を中止する方向で、各大会の組織委員会にて協議を進めると発表した。(写真は時事)

皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会

天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会

開催中止の理由について、「都道府県対抗駅伝は、ほかの駅伝大会と異なり、普段は別々の所属先で活動、生活している競技者、スタッフが集まって各都道府県の混合チームを編成し、全国各地から大会開催地への移動も必要となる。混合チームの選手および関係者の感染対策の管理が難しく、感染者または濃厚接触者がいることが判明した場合の影響が大きいと考えられるため」と説明している。

横川浩JAAF会長コメント

全国都道府県対抗男子駅伝および全国都道府県対抗女子駅伝は、天皇盃、皇后盃を下賜され、歴史を重ねて参りましたが、この度、次回開催につき中止の方針を示さざるを得ない状況となりました。開催地の広島および京都をはじめ、全国47都道府県の郷土の皆さんに愛され、また都道府県を代表して出場する選手たちは、世代を超えてつなぐ襷に思い込め、毎年行われる晴れの舞台での栄冠を目指していたかと思います。新型コロナウイルス感染拡大のため、まさに苦渋の決断であります。しかし、必ずや一層の盛り上がりを持って戻って参ります。それを楽しみに、またその日に向けて、選手の皆さんにはさらなる精進を、広く関係者の皆さんには変わらぬ応援を心から期待いたします。